東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:遡上 ( 6 ) タグの人気記事

多摩川親子探険記 「マルタを解く。」
f0196649_15513134.jpg待ちに待った大潮がやってきました。

「河川内に潮の影響はない」と言う人もいますが、隊長は信じています。

この時期から、マルタウグイの目撃情報が増えるんだよね。

早く会いたいな。

来るべき時に備えて、マルタウグイのことを少しだけ予習しておこう!
f0196649_15425255.jpg
隊長が自作した、多摩川のフリーペーパー。
創刊号の特集は、これから旬を迎えるマルタウグイ。
刊行の予定は・・・いつになるかな〜。
某釣り雑誌のパロディで作ってみたんだ。
出版社・企画編集会社の方、もし多摩川のマルタウグイにまつわる企画をお考えでしたら、是非、隊長に声を掛けてくださいね〜(笑



多摩川のマルタウグイってどんな魚?
f0196649_15523666.jpg
全長40〜60センチ。
生活の中心は多摩川の河口域や東京湾沿岸部。
産卵期は、2月下旬〜5月中旬。多摩川を遡上して、中流域の瀬で産卵をおこないます。
f0196649_154224.jpg
産卵の順番を横に並んで待つ待機マルタ。
2009年撮影。

産卵を目前に控えたマルタウグイの魚体は、上アゴの下から腹側に沿って尾柄まで、一本だけオレンジ色の縦条が見られ、背中側の色はうっすら青みがかります。

孵化した稚魚は川で過ごし、体長5cm程に成長すると、梅雨〜秋雨の増水などを利用して多摩川河口域へと戻っていきます。
ちなみに、寿命は10年ほどだそうです。
f0196649_15425690.jpg
産卵の瞬間、メスに体を寄せるオスの姿。
2009年撮影。

多摩川を良く知る流域在住のおじいさんの話では、昔は漁の対象魚だったとか。
捕ったマルタは、屋形船や流域の料亭で食べられたそうです。
f0196649_15425595.jpg
真上から見た待機マルタ。
群れの中には、婚姻色の違う大型のウグイの姿も見られます。
2009年撮影。

高度経済成長にともなう水質汚染で、遡上・産卵が見られない期間が長く続きました。

時は流れ、中流域でその姿が再び見られるようになったのは、90年代中盤頃。
その要因の一つが、水質改善です。
そして、みなさんご存じとおり、現在では「多摩川を代表する魚」「多摩川にいち早く春の訪れを告げる風物詩」として知られるようになりました。


産卵場所
f0196649_1541551.jpg
マルタウグイの産卵場所は中流域に点在する瀬です。
でも、全部の瀬で産卵が見られるかというと、そうでもないんだよね。

隊長の考える産卵に適した瀬の条件は、次の4つ。
1. 綺麗な底石
2. 柔らかな川底
3. 適度な水深
4. 待機できる深場と緩やか流れ

良い瀬を見つけることが、マルタとの出会いの近道・・・だと思います。
遡上の季節が近づいてきたら、ぜひ多摩川に足を運んで瀬の状態を観察してください。
きっと、マルタに出会う為のヒントを見つけられるはずです。
f0196649_15425224.jpg
産卵条件を満たした瀬の風景。
写真左の黒く見える部分が、マルタウグイの群れ。
瀬尻〜淵にかけて、マルタの行列が続く。
f0196649_1133996.jpg
産卵に最適な瀬。
綺麗な石が堆積した柔らかな川底。
踏みつけると、くるぶし位まで簡単に埋まります。
f0196649_19559.jpg
産卵が見られなかった瀬。
底石に藻や苔が付着している。
そして、川底は見るからに石が詰まっていて堅い。


マルタウグイフィッシング
f0196649_9103431.jpg
多摩川のマルタウグイが有名になった背景の一つに釣りがあります。

マルタウグイに興味がある。
そのほとんどの方が、釣り好きなのではないでしょうか。

かく言う隊長も、そんな釣り好きの一人です。週末になるとルアーロッドや延べ竿を持って水辺を歩き回っています。

マルタ釣りの仕掛には、これというものがありません。
フライ、ルアー、オリジナル釣法・・・同じ場所で同じ魚を狙っているのに、その方法は様々です。
ルアータックルひとつとっても、シーバス、バス、トラウト、色々あります。
ちなみに、隊長はトラウト用の中流・本流タックルやシーバス用のライトタックルを使用しています。

ルアーに付けるフックはリアに1本。シングルバーブレスのちょっと小さめのサイズを選びます。
魚へのダメージ対策は絶対に忘れません。

近年、マナーの悪い釣り人が増えています。
マルタウグイを楽しみにしている人は釣り人だけではありません。
釣り人もそうでない人も、お互いに気遣いながら気持良く楽しみたいものです。
f0196649_15422383.jpg
釣りを楽しめる瀬。
川底の状態はもちろん、適度な流れと水深などの条件も揃っている。
瀬脇、瀬尻には、産卵を待つマルタの待機場所も見られる。
ルアーは瀬尻側、フライは瀬頭側からアプローチすると釣りやすい。
f0196649_334693.jpg
マルタ用ルアー色々。
ポイントによって使い分けます。


マルタウグイを人一倍楽しむ
我々はマルタウグイをもっと楽しむ為に、親子で色々な工夫をしています。
水中撮影、オリジナルルアー、ブローチ、イラスト、Tシャツ・・・アイデアは尽きません。
自分たちだけの楽しみ方を見つけると、川遊びが更に楽しくなるのです。
f0196649_1542531.jpg
子どもでも簡単に作れる自作スピナー。
今年はマルタの婚姻色カラーを作りました。
f0196649_15425313.jpg
こちらもマルタの婚姻色をモチーフにしたブローチ。
シーズン中は、お守りとして持ち歩いています。

[PR]

by tamagawalk | 2012-02-20 23:01 | 多摩川親子探険記
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
早朝、雨が弱まっていれば水辺に足を運ぼうと思っていました。
しかし、日付が変わっても空模様は良くなりませんね。

昨日から予想していた以上に雨が降り続いたので、まずは高台から水位を確認することに。
f0196649_11541281.jpg
水位は想像以上に上がってますね。
遠目に見て、濁りが強いこともわかります。

水辺に足を運んでも、観察は難しそうですね。
f0196649_1154214.jpg
また、雨あしが強くなってきたので、今日はおとなしく撤収することにしました。
f0196649_11542994.jpg
昨日から降り続く雨、そしてこの増水も遡上の好条件となればいいのですが。
 
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-10 23:00 | 多摩川日記
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
3月に入ってから、春に向かっていると思った空模様が一転。
日中でも急に肌寒く感じるようになりました。
f0196649_11464522.jpg
「寒の戻り」と言うんでしょうか、優れない空模様の日が続きます。
そのせいですかね、体調も気分もイマイチのような気が・・・。

しか〜し!
それでも川へ足を運びます!

さて、川の状況ですが、前日に降った雨のわりに、水位は思ったほど上がっていませんね。
水質も川底が見えないほど濁ってはないので、観察はできそうです。

ちょっとした増水のおかげで、本流から枝分かれし、渇水気味だった細い流れの水位も復活しました。
f0196649_11471849.jpg
下流の本流との合流地点から、トロ場、淵、荒瀨、落ち込み、プールと続き、そして、再び本流と合流する細い押しの強い流れ。
落ち込みを上がってくる「マルタウグイ」の姿は、さながら「コイの滝登り」を彷彿とさせてくれます。
まだ産卵行動をとらないので人気に敏感ですが、プールをそっと覗くと、体を休めているかのような「マルタウグイ」の姿を観察できます。


その流れをの中で「マルタウグイ」の姿を発見!
偏光グラスを着用ししばらく観察すると、下流からどんどん上がってくる魚影をはっきりと確認できます。

本日も増水が吉とでたようですね。
川からますます、目が離せなくなりそうです。

しかし、本日観察したこの細い流れ。
押しが強く本流より上がりにくいように見えました。
隊長が、マルタなら絶対本流の太い流れを利用します。
生き物の行動は不思議です。

でも、その不思議さに惹かれてしまうんですよね。
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-08 19:00 | 多摩川日記
「遡上観察、堰巡り ーその3」
堰巡り、「調布取水堰」。
東京側を散策した後、中原街道「丸子橋」を渡って神奈川・川崎側に綿渡ります。
f0196649_1756494.jpg
橋の途中、県境の目印を発見。
ここに見えない線が引かれてるんですね。
チビ隊員、不思議そう。
f0196649_17575094.jpg
さて、川崎側の土手を下りて、いざ堰へ。
川崎側の方が川辺で堰を間近に見ることができます。
「調布取水堰」「丸子橋」付近は、多摩川下流でも有名な釣りポイント。
特にルアーフィッシングは、雑誌でもたまに紹介されたり。
コイにフナ、マルタウグイ、ナマズにライギョ。
そして、スズキ。ルアーフィッシングでは「シーバス」と呼ばれる人気の魚。
海から「調布取水堰」までは「汽水域」と呼ばれる海水と淡水の混ざり会う流域。
そのため、プランクトンや水温が魚に適してるんですかね。
たまに外来種が釣れたなんていう情報も耳にします。
この日もルアーマンを何人も見かけました。
堰の真横では5・6人のルアーマンが堰めがけてキャスト、釣りを楽しんでました。
f0196649_175872.jpg
川崎側の堰の端は、柵が付いているものの東京側より間近で魚の遡上を見ることができます。
ここは、テレビでもよく紹介される場所。
春から夏にかけて「マルタウグイ」「アユ」の遡上が見られます。
夜には、カニやエビ、ウナギが岸際を這って遡上する姿も見られるようです。
今年はその光景をチビ隊員たちと見たいものです。
f0196649_17582174.jpg
東京側にある「閘門」には「鵜(う)」に「サギ」がたくさん集まって待機。
獲物を狙っているようです。
魚がいるんですかね。
「マルタウグイ」の跳ねる姿を時折見ることができますが・・・。
f0196649_17584235.jpg
「閘門」の横、川崎側にも「魚道」があります。
チビ隊員たち、「閘門」で船の出入りする光景を見てみたそう。
さて、これで「調布取水堰」散策は終了。
家路に。
帰りは川崎側で二子玉川を目指します。
f0196649_1759384.jpg
川沿いを行くとブルーシートテントがどこまでも立ち並んでます。
高床式のものや窓の付いてるもの、中には文化住宅のような平屋の一戸建てと見間違えるようなテントも。
テントを見ていて、「建築探検家」坂口恭平さんの著書「Tokyo-0円ハウス0円生活」で隅田川のブルーシートテント内部を研究した事が書かれていたのを思い出しました。
それによると内部はかなり効率的に作られているようです。
エコとかリサイクルとは違い、必要最低限のものを直感的にまとめていくとそうなるのだとか・・・。
f0196649_17592282.jpg
こちらは、鳥がたくさん集まっていた場所。
たくさんの種類の鳥を見ることができます。
f0196649_17593969.jpg
気になる看板を見つけました。
f0196649_1759484.jpg
内容は・・・。
どうもこのあたりに「魚らん川(ぎょらんがわ)」と呼ばれる魚がたくさんいる水路があったようです。
しかし、大雨などで埋まってしまったようで、それを再生したことが書かれています。
そういえば、このあたりは「とどろき水辺の楽校」の活動拠点だったような。
f0196649_180656.jpg
さて、土手上のサイクリングロードにでてみます。
梅と見間違えるような桜が八分咲き。
綺麗ですね。
f0196649_1802231.jpg
河津桜(カワズザクラ)のようです。
f0196649_1803261.jpg
桜の木の下でしばし休憩。
f0196649_1804729.jpg
土手の中に戻って上流を目指します。
と、突然現れたゴルフ場。
話に聞いたことがありましたがこれが東急のプチゴルフ場ですね。
ゴルフブームなのか、少年ゴルファーもいました。
f0196649_181278.jpg
第三京浜まで戻ってきました。
あと、もう少し。
f0196649_1813449.jpg
もうすぐ二子玉川。
駅前開発工事現場が対岸に見えます。
堰巡りに出発してからここまで約4時間半。
家まではまだまだだけど、チビ隊員たちよく頑張ったね。
初めての川崎側散策、東京側とはまた違った光景を見る事ができました。
チビ隊員たちも満足の様子。いや、お疲れかな。
「調布取水堰」付近をはじめ、魚の着いてそうなポイントをたくさん見ることができました。
次は遡上の光景が見れるといいね。
[PR]

by tamagawalk | 2009-02-27 18:15 | 多摩川親子探険記
「遡上観察、堰巡り ーその2」
泉多摩川・登戸下流「二ヶ領宿河原堰」に続く遡上観察、堰巡り。
次に巡るのは、中原街道丸子橋上流、「調布取水堰」。
多摩川を海から上流へ上がってくると一番始めに目にする堰。
お魚さんにとっては一番最初の難関ですかね。
f0196649_15561036.jpg
今回はチビ隊員も一緒。
しかし、目指す「調布取水堰」は、「二ヶ領宿河原堰」よりも何倍も遠い。
チビ隊員たち、がんばれるかな。
とりあえず、堰巡りへ出発!!
まずは、サイクリングロードで二子玉川へ。
f0196649_15563426.jpg
今回、ブログ管理人は副隊長。隊長は先頭を走る・・・。
久々の家族サイクリングにして、チビ隊員たち初長距離サイクリング。
二子玉川河川敷、「兵庫島」へ到着。
左に流れる川は、「野川」。
正面に見える橋は、「兵庫橋」。
昨年、チビ隊員たちがルアーで初ナマズを釣り上げた思い出の川。
そして、「兵庫橋」からはチビ隊員たちが「野川の主」と呼ぶあの魚が・・・。
「野川の主」今度紹介しますね。
「兵庫橋」近辺はルアータックルを持ったルアーマンの多い場所。
この日も、ベイトタックルを持ったルアーマンを何人も見かけました。
チビ隊員、「きっと野川の主を狙ってるんだ」と、ちょっと羨ましそうにルアーマンを見てます。
f0196649_15564837.jpg
兵庫橋を渡り、土手沿いをさらに下流へ。
途中、大規模な護岸工事が行われてる場所を通ります。
工事現場への立ち入りを禁止する壁には、護岸工事の説明。
今、二子玉川は河川護岸工事に加え駅前の開発工事と工事ラッシュ。
f0196649_1557481.jpg
こちらは、土手の中にある、オシャレなカフェレストラン。
テレビでもよく紹介されてます。
f0196649_15572518.jpg
さてさて、やっと第三京浜に到着。
チビ隊員は自転車の補助輪を外してから初めての遠出。
考えてみれば、家族揃って個々の自転車でサイクリングするのは初めて。
チビ隊員の成長した姿に、思い出深いサイクリングになりそうです。
f0196649_15574137.jpg
二子玉川から下流には、土手の上のサイクリングロードが無いので、砂利や土の凸凹道を進みます。
このあたり、桜の立ち並ぶ春の花見ポイント。
すでに、咲き始めてる桜も。
河津桜(カワズサクラ)かな?それにしてはちょっと大きいような。
f0196649_15575439.jpg
さて、走り続ける事、1時間弱。
ついに、丸子橋が・・・。
あの橋の手前に目指す「調布取水堰」があると思うと、はやる気持ちを押さえられません。
目指せ「調布取水堰」!!そして、見るぞ「マルタウグイ」の遡上!!
f0196649_1558439.jpg
途中から、自転車乗り入れ禁止の舗装された通路に。
自転車から降りて歩いて進みます。
真横には多摩川。
チビ隊員たち、川にうっとりしてると思ったら、魚影を必死になって探してました。
f0196649_15582095.jpg
遂に「調布取水堰」に到着!感無量!
チビ隊員たち、よく頑張った!
f0196649_15583638.jpg
では、じっくり「調布取水堰」見学。
チビ隊員が見入ってるのは・・・。
f0196649_15584946.jpg
過去の洪水水位が解る目印。
多摩川の歴史を感じます。
f0196649_155991.jpg
堰の東京側には閘門(こうもん)、船の出入り口を見ることができます。
f0196649_15593290.jpg
さてさて、魚道はどうかな。
残念!まだ、マルタの遡上は見れません。
ちょっと見に来るのが早かったかな。
f0196649_16052.jpg
堰の脇にできた通路、魚道が目の前なので遡上観察にちょうどいいですね。
堰の川崎側も気になります。
f0196649_1602879.jpg
堰の斜め上には東急東横線。
f0196649_16057100.jpg
ここで、一休み。川辺に腰を下ろしてお弁当タイム。
f0196649_1611964.jpg
目の前には「丸子橋」。
さらに下流には東海道新幹線が見えます。
「丸子橋」や「東横線」の下で「マルタウグイ」が跳ねるのを確認。
群れはまだ小さそうです。
東京側から観察して帰宅する予定でしたが、「調布取水堰」や「丸子橋」、「マルタウグイ」が跳ねる姿を見て川崎側からも観察してみたくなってしまいました。
と、いうことで、何とかこの日の隊長を説得、休憩もそこそこに川崎側へ出発。
f0196649_1613634.jpg
「あなたの選ぶ多摩川八景」の紹介看板。
「あなたの選ぶ多摩川八景」とは「多摩川50景」の中から投票により選定された多摩川で特に美し風景を見ることのできる場所。
その八景の一つが、このすぐ側にある「多摩川台公園展望台」。
次回、訪れるときは「八景」巡りもしてみたいものです。
f0196649_1615454.jpg
では、「丸子橋」を渡っていざ、神奈川へ!
f0196649_03445.jpg
橋の上から「調布取水堰」を真っ正面から見ることができます。
f0196649_1621392.jpg
多摩川を見下ろすと、幾つかの魚の群れが。
これは「錦コイ」の群れですね。
神奈川川崎側の散策は、またの投稿で。
[PR]

by tamagawalk | 2009-02-26 18:20 | 多摩川親子探険記
多摩川親子探検記 「遡上観察、堰巡り ーその1」
2月になって聞こえてきた、例年よりもちょっと早いマルタウグイ遡上の情報。
と、いうことで今回の多摩川親子探検隊は仕事の合間にマルタウグイの遡上と河川工事の状況を偵察。
しかし、チビ隊員たちは別の任務があるので、ダメ隊長の一人旅となりました。
これでは親子探検隊ではなく、ぶらり多摩川なんとかかんとかですね。
f0196649_2220827.jpg
まずは、登戸・和泉多摩川下流、二ヶ領宿河原堰へ。
道中、河津桜(カワズサクラ)を発見。
この桜、桜の中でも一足早く梅と同じ時期に咲く桜。
春の訪れを感じますね〜。
二ヶ領宿河原堰も見えます。
f0196649_22203266.jpg
さて、二ヶ領宿河原堰へ到着。
工事の為、堰の手前で通行止め。
これ以上は堰に近づくことができないので、とりあえず河原に降りて偵察。
いつ見ても、二ヶ領宿河原堰は左右に広い堰。
堰の役割は、水を止て水位を上げることにより、上流側に水を貯留したり、用水路などへの取水を容易にしたり、計画的な分流を行ったり、また下流側からの海水の逆流を防止(潮止めという)して塩害を防ぐなどの役割を持っているようです。
f0196649_22211387.jpg
左岸、狛江市水神側の堰の端には階段状の魚道があります。
一昨年は、ここでマルタウグイやアユの遡上を観察できました。
しかし、昨年は一昨年夏の大雨の影響で魚道が封鎖。
今年は河川工事で封鎖。
現在、昨年から続く多摩川の河川工事があちこちで行われてます。
昨年、工事現場の一つでたまたま現場責任者の方とお話できる機会があったので工事について伺ってみると3月位までには終わるとのことでした。
マルタウグイ遡上・産卵の話もしてみると「それじゃ早く工事を終わらせなくちゃね」なんておっしゃてましたが本当に終わるのかなと心配。
特に、工事現場から出た、砂が川底に貯まってしまっているので遡上や産卵、石に付くアカへの影響が気になります。
f0196649_22213556.jpg
川辺から上流堰方面を偵察。
このあたりは、2007年に120万年前の地層からステラーカイギュウという生き物の仲間の化石が見つかった場所。
化石島なんて呼ばれてます。
そんな場所ということもあり、ツルハシを持った化石ハンターらしき人を見ることも。
2人のフライマンが、フライフィッシングに興じてる姿も見えます。
楽しそうです。羨ましい。
f0196649_22215339.jpg
下流方面には、ヘラブナ釣りと思われるヘラ師の方とルアーマンがルアーフィッシングに興じてます。
これまた、羨ましい。
今日はこれで偵察終了。家路につくことに。
と、ここで思い出したことが・・・
釣り好きのチビ隊員と毎週楽しみにしている、多摩川でのルアー釣行を紹介しているブログ「マルタの日記」:http://marutaugui.blog113.fc2.com/
真冬にナマズを釣ったり、ライギョにソウギョ、コイにフナ、多摩川でのルアーフィッシングを楽しませてくれるブログ。
親子でルアー選びの参考にさせていただいたりと、活用しています。
帰り際、そのブログに登場する釣行ポイントが近そうなので、「マルタの日記」管理人の方にお会いできるかなと思い寄り道をすることに。
で、一人のルアーマンを発見!
釣りの邪魔にならないかなと、気になりながらも声をかけてみることに。
ビンゴ!!!!
管理人の方でした。
魚との出会いも嬉しいですが、人との出会いもとても嬉しい!
管理人の方、釣りの途中だというのに、快くお話してくれました。
この日も、マルタがヒットしたもののバレてしまったとか、他にも楽しいお話を聞かせていただきました。
「マルタの日記」管理人さん、ありがとうございました。
これぞ、多摩川での自然や人との出会い「たまが輪」。
チビ隊員たちがいなかったのは残念でしたが、出会いのおかげで楽しい多摩川探検となりました。
次回、訪れるときには右岸、川崎市多摩区宿河原の「二ヶ領せせらぎ館」も訪問してみたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、「マルタの日記」管理人さんと連絡をとり、ブログに相互リンクさせていただけることになりました。
左メニューリンクより「マルタの日記」を見ることができます。
多摩川の楽しみ方は色々です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。
[PR]

by tamagawalk | 2009-02-25 00:10 | 多摩川親子探険記