東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ルアー ( 23 ) タグの人気記事

多摩川日記 「2012初マルタウグイ」
f0196649_10341899.jpg多摩川に春の到来です!

多摩川春の風物詩、マルタウグイが戻ってきました。

勝手ですが、ここにマルタシーズンスタートを宣言します!

ランディングが終わっても、足の震えと、高鳴る鼓動が止まりません。

その魚影をまだ確認できない人が多い中、一足早いゲット。
ファーストランの魚体を釣り上げることができました。

なんて幸運なんだろう。
川を人一倍眺めていることだけが取り柄な隊長。
多摩友たちとの情報共有の賜です。
水辺に足繁く通った甲斐がありました。
みんなありがとう!!みんなで獲った一匹です。

これから、遡上してくる第2陣、3陣のことも待ち遠しいな。
f0196649_10341595.jpg
今年、待望の一匹目。
自作スピナーで獲ったレッドラインの砲弾。
婚姻色も、流線型の魚体も、美しい。
f0196649_10381243.jpg
瀬付近の水深は、増水の影響で全体的にかなり浅くなっていました。
きっと上流から砂利が流れ込んだのでしょう。

瀬の地形も変わっています。
増水前に見られた川幅いっぱいに点在する小さな瀬が、一つの大きなU字の瀬に変形しました。

魚影を確認したのは、夕日が沈む直前。
それまで穏やかだった川面が突然慌ただしくなりました。

群れのほとんどが、上流を目指して瀬を超えていきます。
その中に小さな瀬付きをぱらぱらと確認。

毎年そうですが早期のマルタは驚かせてくれますね。
遡上の気配などまったく無かったのに・・・。
f0196649_10341539.jpg
ほぼ毎日のように通った瀬。
その中に見えた、マルタウグイの背中。
遡上が始まっていたことを改めて実感しました。
f0196649_10341697.jpg
2匹目も自作スピナーでゲット。
1匹目は無我夢中だったので、ランィング後喜びのあまり放心状態になってしまいました。
2匹目は落ち着いてやりとりできました。
1匹目とは違って記念撮影も忘れません。
f0196649_10341892.jpg
しかし、初期のマルタをルアーで獲るのは難しいですね。
時合いが短い上に、なかなか口を使ってくれません。
だだ、これが初期のマルタ釣りの醍醐味の一つです。

数釣りは楽しめませんが、この時期にショートバイトとも言えないような、とても小さなアタリの感触を掴むことも大切ですね。
きっと最盛期の爆釣に繋がるでしょう。
f0196649_10341696.jpg
今日のヒットルアーは、自作スピナー4gとDコンタクト4.5g。
ヒットパターンは、川底コロコロ。
瀬の水深を考えると、もう少し軽めのルアーを選んだ方が良いかもしれません。
f0196649_10341798.jpg
f0196649_10424899.jpg
f0196649_10341797.jpg
f0196649_10341987.jpg
撮影後、元気に泳いで瀬に戻っていきました。
f0196649_10474549.jpg
マルタカラーの自作スピナーとマルタをモチーフにしたブローチ。
ブローチは、マルタ釣行時のお守りとして携帯しています。
これの効果もあったのかな・・・。

[PR]

by tamagawalk | 2012-02-24 23:00 | 多摩川日記
2012 多摩川詣
f0196649_12114473.jpgブログをご覧いただいているみなさん、今年もよろしくお願いします。

元旦恒例の行事、初日の出参りに行ってきました。
場所はもちろん我らがホームリバー多摩川!
この多摩川詣をやらないと新年が始まった気がしません。

お供えものを準備して、初日の出に向かって祈願。
ついでに川遊び初めのルアーフィッシングもやっちゃいました。

今年の川遊びを占う大事な大事な初釣行。
隊長のおっちょこちょいぶりは、今年も相変わらず健在のようです。

待望の元旦ナマズを釣り上げましたが、飛んだハプニングをやらかしてしまいました。
フィッシュグリップでしっかりホールドしたはずのナマズが、記念撮影目前に突然暴れだし、消波ブロックの隙間に消えていったのです。

写真撮影はできなくても、グリップで陸上に持ち上げた時点で釣りは終了しています。
あの場所であの魚を釣ったという事実も隊長の中には残っている・・・。
でもやっぱり悔しい。

前途多難?不安ですな〜。
今年の川遊びはどうなることやら・・・。

多摩川よ!今年もワクワクする出来事をたくさん体験させてくれ!
また1年、よろしくな!

〈右上の写真〉護岸から見た2012年の初日の出。空模様は天気予報とおり曇。日の出予想時刻6時50分を1時間ほど過ぎた頃、雲の隙間から太陽がやっと顔を覗かせました。
f0196649_12173434.jpg
護岸に並べたお供え物の御神酒、盛塩、愛用のタックル。
気温10度以下の寒さと、近くにいた若者たちから注がれる冷たい視線に絶えながら、その時を待ちました。
多摩川で活動する人たちの安全、人・生きものたちとの出会い、爆釣などなど、祈願の内容は毎年ほとんど変わりません。
しかし、今年は震災復興祈願もおこないました。
東北のあの川でもう一度魚たちに出会いたい!人・街・自然の一日も早い復興を祈ります。
f0196649_12114497.jpg
f0196649_12114543.jpg〈上の写真〉2012年多摩川釣行の記念すべき一投目に選んだルアー、ダイワのダンサー。
普段は出番の少ないルアーですが、紅白カラーに期待して抜擢しました。
そして、験担ぎと祈願の効果でしょうか。運良く元旦からナマズに出会うことがでたのです。

〈右の写真〉釣行時間帯8時〜10時の水温は10度強。15度以下になるとほとんど行動しないと言われるナマズ。
それでも回遊している個体は確実にいます。数少ないチャンスを物にすることが出来るか。冬期のナマズ釣りの醍醐味です。
あまりポイントを移動せず、回遊しているナマズがいることを信じて杭になって待ち続けます。
f0196649_12114694.jpg
f0196649_12114663.jpg〈上の写真〉使用ルアーいろいろ。ナマズの記念撮影に失敗したのでルアーだけ紹介します。
ヒットルアーは一番手前のBUX12.3g。
ヒットパターンはクロス〜ダウンクロスでの逆引きデットスローリトリーブです。
冬の緩い流れの中でしっかりアクションさせながら、対岸の浅場から足下の深場までじっくり引きます。
BUXは逆引きに強いスプーンです。オーソドックスなスプーンは逆引きになると浮き上がってしまいますが、BUXならリーリング次第で浮き上がりを押さえることができるのです。

〈右の写真〉毎年、上州屋でもらう潮早見表。天気・川の状況・釣行データをメモしています。

[PR]

by tamagawalk | 2012-01-01 23:11 | 多摩川日記
多摩川日記 「一魚一会」
f0196649_218946.jpgズーナマ!ゲットだぜ!

久しぶりにナマズが釣れました。
新記録にはおよびませんが、今まで釣ったナマズの中でもなかなかの大物。

こうしてカメラにしっかり収めたのは、5月の連休以来約1ヶ月ぶりかな。

今日はナマズと縁があるようですね。
日中には、増水でできた水辺の水溜まりから子ナマズをたくさん救出しました。

もしかして、これはその時の恩返しだったり・・・。
そう思ってしまうほど、何もかもが出来すぎな釣果でした。
f0196649_21832.jpg
チェイス確認後、ルアーを止め糸ふけを取り切ったところでバイト。
ナマズの引きをじっくり楽しみました。
いつもなら苦戦するランディング、今日はなかなかスムーズです。
ナマズ用に購入したランディングネットで、やっとナマズをキャッチできました。

ヒットルアーは、ジッターバグ3/8oz。自作スイミングフックをリアに1本だけ装着しています。
フックはもちろんシングルバーブレス。
ナマズさん対策として長めに調整したフックアイには、フライ用バッキングライン20lbを使用しています。
色は隊長のラッキーカラー、オレンジ。
f0196649_21861.jpg
ぎりぎり70センチかな。
重さは、フィッシュグリップの計りで約2kg。
良く走る、細マッチョな魚体でした。
f0196649_2181190.jpg
f0196649_21808.jpgいつか大台の80センチ・・・。そしてビワコオオナマズ級のメーターオーバー・・・。夢が膨らみますな〜。

まあ、川遊びを続けていればいつか出会えるでしょう。
欲をかくと良いことがありません。サイズはどうであれナマズはナマズです。

遊んでくれたことに感謝×2。これからも、たまに楽しませてくれよな。

〈右の写真〉
夕マズメ、まだ増水の影響が残る早瀬で本命の瀬ナマズを狙いました。
しかし、ナマズの魚信がロッドに伝わることはありません。
アユが解禁したので、瀬で釣果を上げるのはますます厳しくなりそうです。

ナマズのヒットは、日が完全に落ちきって瀬での釣りを諦めた直後でした。
帰宅途中、なにげなく投げたトップにヒットしたんだよね。

[PR]

by tamagawalk | 2011-06-04 23:16 | 多摩川日記
多摩川日記 「早瀬の釣り」
f0196649_1601930.jpg早瀬の釣りが好きです。

瀬に出ている活性の高い魚、水面を意識している魚に対して、テンポ良くシャローを攻める釣り。

流れを攻める時は、ラインの扱いに気を使います。
しかし、ルアーは見切られにくい。
ルアーの扱いが苦手でも、釣果を得られる可能性が高いのです。

ヒットした魚とのやりとりも楽しいですね。
手元まで魚を寄せる難しさ、ランディングでのドキドキ感。
失敗することも少なくありませんが、ワクワクします。

ウェーデングも大好きです。
自然を全身で感じている・・・気分になります。

早瀬の釣りは、暖かくなるこれから本番です。
f0196649_1602384.jpg
今日も釣行直後に、早速ニゴイがヒット。
撮影は出来ませんでしたが、マルタウグイとナマズもヒットしました。
f0196649_1601411.jpg
スレ掛かりしたアユ。
魚の成長は早いですね。2ヶ月前は、9センチのミノーよりも小さかったのにな。
f0196649_16068.jpg
今年はホームの板チョコポイントを離れて、瀬の釣りを満喫しています。
f0196649_160260.jpg
流れの中で泳ぐ子どもたち。
水難事故が気になりますが、都会で見る里川風景に癒されます。
f0196649_15595557.jpg
この時期の川辺の風景は日々変化します。
数日前まで膝丈だった草木が、あっという間に隊長の背丈ほどに伸びました。
夏草を踏みつけたびに、青臭さが漂います。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-21 20:02 | 多摩川日記
多摩川日記 「久しぶりに夜ナマズ」
f0196649_1521834.jpg今年始めての夜釣り。
久しぶりに夜ナマズをゲットしました。

今夜の出撃は、釣りが目的のいつもとはちょっと違いました。

翌日に開催を控えた子どものためのイベント「移動水族館」。そこで展示する、目玉の生きものを捕獲するのです。

子どもたちがびっくりするような大型魚を釣りたい。
多摩川にはその夢をかなえてくれる、大きなナマズがるのです。

ちょっと苦戦しましたが、なんとか釣ることができて一安心。
明日のイベントが楽しみです。子どもたちが驚く顔が早く見たい!
f0196649_1521113.jpg
15バイト1ゲット。
大苦戦の末、やっと手にした60センチくらいのナマズ。
水面を割って何度もルアーにアタックしてきましたが・・・、喰い下手なのか、腕なのか、なかなかヒットしません。
それだけに、貴重な嬉しい一匹です。

f0196649_15205670.jpg
夜ナマズの定番ルアー、ジッターバグ改。
オリジナチューンを施したルアーでの釣果は格別です。
f0196649_1521910.jpg
ナマズの愛くるしい表情は、何度見てもたまらないね。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-04 23:59 | 多摩川日記
多摩川日記 「どんな時も」
f0196649_01626.jpg雨も晴れも関係ありません。
今週も多摩川で瀬ナマズを追いました。

ほどほどに濁った水質が良かったのでしょう。
釣り下手な隊長にナマズ、ニゴイ、マルタウグイがヒットしました。

でも、ちょっとナマズにこだわりすぎたかな。
ウグイをの入れ食いを楽しむことができませんでした。

手応えの無いときは早めに見切りをつけて、テンポ良く釣り歩るきたいものです。
f0196649_016755.jpg
雨の中、暗くなってからスプーンに飛びついたニゴイ。
このあとナマズのヒットが連発しましたが、そのほとんどを手元でバラしてしまいました。
やっと引き上げた1匹には、撮影前に逃走される始末。
今年のナマズも手強いな〜。
ヒットルアー、ダイワ「レーザーチヌーク10g」

f0196649_0161695.jpgf0196649_0161982.jpg
日曜日は清々しい青空。
朝日に照らされながら、またまたナマズを狙いました。
f0196649_016242.jpg
f0196649_0163054.jpg
ナマズを狙っているはずなに、なぜかマルタウグイが連発。
ヒットルアーは、前日に続きダイワ「レーザーチヌーク10g」
f0196649_0163456.jpg
稚アユパターンを意識して、瀬尻〜淵を探りました。
マルタのヒットが連発したのは、流れが緩く巻く瀬の際の溜まり。
水深があるので、岸からマルタの魚影を確認できませんでした。
しかし、川底には待機マルタが溜まっていたようです。
意外なポイントでのヒットでした。
f0196649_0163855.jpg
今日のヒットもマルタの爆釣を祈願してチビ隊員と作ったマルタのブローチのおかげかな。
f0196649_0164263.jpg
夕マヅメも出撃しました。
ルアーを瀬の上流にキャスト。ブレイクラインをナチュラルドリフトで流して、またニゴイが飛びつきました。
シーバスを期待したんですけどね。
まあ、ヒットがあっただけでも良かったかな。
ヒットルアーは、ダイワ「TDミノー」
ダイワのルアーが活躍した週末釣行でした。

[PR]

by tamagawalk | 2011-04-24 23:23 | 多摩川日記
多摩川親子探険記 「親子釣行」
f0196649_18284062.jpgチビ隊員と久しぶりにおこなった親子釣行。

狙う魚はもちろん、今が最盛期のマルタウグイです。

先日、子どもと釣りを楽しむのにぴったりの場所を見つけました。
人気の釣り場のように混雑していないので、回りを気にせずのんびり釣りを楽しめます。

もちろん、瀬付きアリ!
釣果に期待が膨らみます。

ところが、川に行ってみると前日までいたマルタの群れが消えていました。
瀬で見られるのは、コイやニゴイばかり。

親子ダブルヒット。その夢も儚く消えました。
しかも、粘って粘ってやっと掛けたニゴイには手元で逃げられる始末。
今回も、隊長の釣り下手をチビ隊員に再確認させることになったんだな〜。

次回は、手堅く活きエサを使った小魚釣を楽しもう。

〈右の写真〉この日の為に、チビ隊員と作った自作ルアー。
そして、安全と爆釣を祈願して作ったマルタウグイのブローチ。
f0196649_18284530.jpg
コイの群れを目掛けて、熱心にロッドを振るチビ隊員。
これが今年流行ると噂される、釣りガールの真の姿です。
f0196649_18275893.jpg
趣味の羊毛を使った手芸で自作したブローチ。
帽子に付けたら嫌がられたのでカバンに。どうやら恥ずかしいようです。
f0196649_1828103.jpg
川を漂流するゴミにもコイ科の魚の卵が沢山ついていました。
f0196649_18283122.jpg
川底が汚れているので、底石についた卵には藻が絡まっています。
f0196649_18282525.jpg
全く釣れる気配が無いので稚魚観察。
川底には泥や藻が沢山溜まっていました。
一雨降って洗い流して欲しい汚れっぷり。
これじゃあ瀬付きはしないよね。
f0196649_18285574.jpg
川底に横たわるマルタの死骸。
シーズン終盤が迫っていることを思わせる光景。
なんだか淋しいね。
f0196649_1829218.jpg
コイを追い回すのに夢中になり、親子揃って深みに足を取られました。
楽しむのは良いけど、深追いは禁物です。
水難事故になったら取り返しがつかないからね。
長靴が水没して動揺していたのかな。カメラの操作を失敗しました。

[PR]

by tamagawalk | 2011-04-16 23:00 | 多摩川親子探険記
多摩川日記 「ミノーでマルタウグイ」
f0196649_8282573.jpg今週の多摩川マルタウグイルアーフィッシングは、ミノーを使った釣り方にこだわりました。

シーズン前半に活躍したルアーは、スピナーやスプーンが中心です。
ミノーの扱いはそれらと少し勝手が違います。コース取りやリーリングのスピード、などなど。
釣り場の状態にもよりますが、ちょっとしたことが釣果を左右するのです。

コツをつかむのにちょっぴり時間はかかりましたが、試行錯誤の末なんとかコンスタントに釣れるようになりました。
釣り下手な隊長にしては、十分すぎる釣果を体験しています。
f0196649_0232180.jpg
ルアー:スミス・Dコンタクト63/7g/Gチャート
荒瀬も難無くこなしてくれます。
f0196649_0231160.jpg
ルアー:アングラーズリパブリック・アレキサンドラ50S/3.5g/アカキン
このルアーで念願の初ヒット!
超浅瀬で活躍してくれました。
f0196649_0231555.jpg
ルアー:アングラーズリパブリック・アレキサンドラ63S/5.7g
万能くんです。HWと間違えて購入しました。
釣り場によってスミス・Dコンタクト63と使い分けます。
Dコン63をロストしたら次はHWを購入しようかな。Dコンもアレキサンドラ、どちらをロストしても財布に痛いよ!
f0196649_0235830.jpg
水しぶきを上げて勢いよく瀬を遡がるマルタウグイ。
f0196649_8275920.jpg
北の川では、サクラの頃にサクラマス。
多摩川はサクラの頃にマルタウグイ。
今やマルタウグイは多摩川のりっぱな風物詩になりました。
でも、サクラマスが釣れる多摩川もいいよな〜。
地元の爺さんたちの話だと、たまに釣れるらしいけど・・・。
ニジマスかと思ってよく見たら・・・、だったんだって。
本当だといいな。

[PR]

by tamagawalk | 2011-04-15 11:24 | 多摩川日記
多摩川日記 「マルタ祭り」
f0196649_23353264.jpgf0196649_23184816.jpg晴天に恵まれ釣り日よりとなった日曜日。
多摩川は、産卵で瀬付くマルタウグイとそれを釣って楽む釣り人で賑いました。たぶん、水辺に集まった釣り人の数は今年一番だったと思います。

「川がマルタで真っ黒!」
午後にはそんな情報が、二ヶ領宿河原堰付近を散策していた知人から届きました。
先週おこなわれた調布取水堰の解放。どうやらそれが魚の遡上を手伝ったようです。

上流がそんなことになっていたとは知らず、隊長はいつもとおりマルタウグイをぽつぽつ釣って楽しみました。
負け押しみじゃないけど、釣果には代え難い出会いや発見があったんだよね。

瀬付の最盛期はまだ続きそうです。来週の川もきっと賑わうんだろうな。


嬉し恥ずかし、土曜日

寝坊で始まった土曜日。
過ぎゆく時間に焦りながら、歩き回ってやっと瀬付きを見つけました。

しかし、時既に遅し。マルタのゴールデンタイムは終わっていたようです。
必死にルアーを投げますが、アタリはほとんどありません。

せっかく掛けたマルタには逃げられ、その時の反動でリールが壊れました。
しかも、対岸の釣り人に心配と迷惑をかけ、頭を下げて帰宅。

後にその方が、twitterでフォローさせていただいている方だと解り、嬉しいような恥ずかしいような・・・。
久しぶりに出会いの釣行となりました。

初心忘れるべからず。これからは、釣行前のタックルチェックを念入りにおこないます。

f0196649_23135856.jpg
瀬付きのめぼしい場所として、2月から観察を続けてきた瀬。
土曜日には、この瀬でもやっとマルタの姿が見られるようになりました。
賞金や賞品はもらえませんが、なんだかアタリくじを引き当てた気分。
隊長は、釣りよりも瀬付き場所の予想が得意なのです。

f0196649_23141191.jpgf0196649_231540100.jpg
数日前、川に突然現れた新しい瀬。重機で作られました。
「重機の瀬」と名付けましょうか。
左岸上流のトロ場から右岸寄りの本流に続くダンダン瀬。
水深はくるぶしの少し上程度です。
新しい瀬らしく、綺麗な底石と柔らかい川底。
ちょっと踏み込むだけで、足が川底に吸い込まれるように埋まります。
「この瀬絶対にマルタが付きます!」と心の中で宣言しました(笑)

予想的中、日曜日

前日、観察した「重機の瀬」にマルタが現れました。
f0196649_23144716.jpg
瀬付きをする小さな群れも見られますが、そのほとんどは上流に向かって目の前を通り過ぎていきます。
一日で変化した川の情景に改めて驚かされました。
自然ってすごいな!


今年初のウグイ
早速、マルタの遡上コースにルアーを通し、ポツポツ釣って楽しみます。
今回は、マルタよりもずっと小さいウグイが数尾掛かりました。

瀬の状態は、水深が浅く、流れもそれ程速くありません。
なので、使用するルアーは3.5g程度のスプーンやスピナーを選びます。
アップ、またはアップクロスに投げて、川底を擦るイメージでマルタの鼻先にルアーを通す。そして、状況に応じてルアーをたまに浮き上がらせ、誘いも掛けました。
f0196649_23173451.jpg
f0196649_2318286.jpg
f0196649_23174030.jpg
ウグイにも追い星がたっぷりでていました。
マルタウグイとウグイの婚姻色は違うので、両種を見分けることは簡単です。
また、これという魚体を見たことがありませんが、多摩川にはマルタとウグイの交雑種も存在するようです。
どんな魚なんでしょうね。

今日のマルタウグイ
もちろんマルタウグイも釣れました。
f0196649_23182238.jpg
f0196649_231738.jpg
一応、マルタルアーフィッシングの釣れすぎゴメンルアー「ブレットン」も試しました。
f0196649_2317121.jpg
小型で婚姻色の薄いマルタも掛かります。
引きも良く、綺麗な魚体です。


今日のヒットルアー
f0196649_23191051.jpg
左から
『糸ヨレ・根掛かり軽減「アングラーズリパブリック・スピンウォーク/3g」』
『万能ハスルアー系「コータック・山女魚/3.5g」』

[PR]

by tamagawalk | 2011-04-10 23:32 | 多摩川日記
多摩川日記 「ちょっとこだわって」
f0196649_2322838.jpg久しぶりの週末釣行2日目。
「寒の戻り」と言うと大袈裟ですが、春らしかった前日の気候が一変しました。

今回の目標は、ミノーで釣ること。前日にまったく反応の無かったシンキングミノーを試します。

シーズン前半は、自作ルアーを中心に効果の高いスピナーを多様しました。
その結果、釣り下手な隊長でも十分すぎる釣果を得ることができたのです。

そこで、シーズン中盤は使用するルアーに少しだけこだわってみようと思います。相手は自然。決まった法則なんて見つけられないかもしれないけれど、釣果に繋がるテクニックを身に付けるぞ〜!

釣行データ:AM6:30、気温7度、水温14度、時折強い北風。日が上がっても気温はあまり上がりませんでした。体感温度はかなり低く感じます(泣)。Twitterでも同じことをつぶやいている人が多かったよな。


今日のルアー
マルタ釣りで人気の釣れすぎごめん!ルアー「ブレットン」。頼りになるのですが、頼り過ぎて釣りがワンパターンになりがちです。

そこで、これからは釣れない時のとっておき、リーサルウエポンとして使うことにしました。
しかし、同じスピナーでも自作ルアーは例外です。これは、今後もどんどん試します。これからは、手持ちのルアーをまんべんなく使うぞ!
f0196649_23542465.jpg
写真左のルアーから
『人気スピナーの良いとこ取り!下方重心で糸ヨレ対策バッチリ「自作スピナー」』
『マルタにも効く!慣性スライドで喰わせる!?でも、群れに対するトゥイッチ厳禁「スミス・D-コンタクト50/4.5g/Gピンク」』
『小型でもウエイトは十分「フォレスト・iFish50S/5g/ヤマメ」』
『ちょっと軽量だけど流れに強い「アングラーズリパブリック・アレキサンドラ50S/3.5g/アカキン」』
『マルタ釣りのリーサルウエポン「ダイワ・ブレットン改/5g」』


今日のマルタウグイ
ヒットルアーは、D-コンタクト。
それ以外のミノーに反応は得られませんでした。
それはそうです、投げた回数が全然違うのだから・・・。
今回もヒットのあったルアーを使い続けてしまった。やっぱり俺は釣り下手だ。
f0196649_23232731.jpg
f0196649_23242459.jpg
f0196649_23245942.jpg
D-コンタクトは、瀬付きのマルタ、瀬の後方の待機マルタの両方に効果的でした。特に待機マルタで反応が良かったな。次回は、まだ反応が得られないアレキサンドラで勝負します。これで釣ってる人多いんだけどな・・・。やっぱりHWじゃないとダメ、か。
f0196649_23251633.jpg
ブレットン程じゃないけれど、自作スピナーも好調です。量産しようっと。



釣行後記
今回は、釣果もさることながら出会いも楽しめた釣行でした。
釣り方、楽しみ方は違うけど、お互いに声を掛け合いながら、気遣いながらの釣り。良かったな〜。
たまに、小競り合いをする釣り人たちを川で見かけるけど、あれじゃ〜釣れても嬉しくないよね。
せっかく川に来たんだし、同じ趣味を持っている者同士、仲良くとは言わないけれどみんなで楽しみたいですね。
しっかし、フライは凄いな。日が高くなっても入れ食い状態。特に今回お会いしたフライの方は凄かった。情報提供ありがとうございました。
[PR]

by tamagawalk | 2011-04-03 23:30 | 多摩川日記