東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

多摩川日記 「増水パターン」
雨になると魚が集まる場所で釣りを楽しみました。
f0196649_0343626.jpg
前日の梅雨入り、そして台風の影響で断続的に降り続く雨。
今週末はあいにくの空模様。川の水位は徐々に増していきます。
f0196649_034385.jpg
釣り場は、一昨年位前から足を運ぶようになった「ウグイス谷」。
チビ隊員が名付けました。
文字通り、ウグイスの鳴き声がよく聞こえる場所です。

小場所なので増水パターンの好ポイント「板チョコ」のように広く探ることができません。
しかし、速い流れを逃れた小魚たちが集まります。

それを追って集まる大型の魚を、今日は狙いました。
結果は・・・。最近の釣行は不調続きなのです。
[PR]

by tamagawalk | 2011-05-30 01:00 | 多摩川日記
多摩川日記 「アユの試し釣り」
6月1日のアユ釣り解禁が目前に迫った多摩川で、アユの試し釣りがおこなわれました。
f0196649_1671467.jpg
「アユ釣りはまだ禁漁中のはずなのに・・・」
毎年、アユ釣りの遊漁規則を守らない釣り人を見かけます。
f0196649_1665020.jpg
6m以上もある長竿、釣った魚を入れておくために水面に浮かべたイカダ、そして、腰ベルトに刺したタモ網。
間違いなくアユ釣りの格好です。

「今年も飛んだ不届き者が現れたか!」
そう思いながら見ていると、地元のおじいさんが教えてくれました。

試し釣りは、アユの成長具合を調べる大切なイベント。
危ない危ない・・・早とちりして注意するところだった・・・。

今年のアユはどうだったのかな。
成長具合は。遡上数は。
試し釣りの結果が気になります。

しかし、調査の為の釣りなのだから、ノボリくらい立てたほうが良いんじゃないかな。
あれじゃ、密漁と勘違いされてしまいますよ。
f0196649_1672574.jpg
昨年の晩秋、アユの産卵期に撮影した写真。
本流に流れ込む水路で、アユと小魚の群れを見つけました。
小魚の種類は色々。この辺りの本流では珍しい魚が混じっていました。

f0196649_1673416.jpg
アユ釣り解禁直後は毛針やシラスでもアユが釣ることができます。
f0196649_1673744.jpg
牛乳パックを再利用した自作のリサイクルペーパで昨年制作した、しおりとハガキ。
それに刷った魚拓は、チビ隊員が毛針で釣ったアユ。
墨汁の代わりに、多摩川の水辺で採ったクワの実の汁を使いました。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-25 23:09 | 多摩川日記
多摩川親子探険記 「親子釣行大失敗」
f0196649_15583911.jpg愛用のルアーロッドが折れました・・・いや、折りました。と言った方が正しいかな。

チビ隊員たちの目の前で・・・激しく、そして大胆に。

良いところを見せようとした隊長がバカでした。

久しぶりのキャストに手こずるチビ隊員たち。
それを見かねてチビたちからロッドを取り上げた隊長。

渾身の一投目・・・バキッ!という大きな音が静かな夜の水辺に響き渡ります。

何が起こったのか、気付くのに時間は掛かりませんでした。

巻き取ったラインの先にぶら下がる穂先。

釣行にアクシデントはつきもの!それを身を持って教えることができました。

今日の出来事がきっかけで、チビ隊員たちが釣りのことを嫌いになりませんように!
f0196649_15584663.jpg
折れた5ピースのシーバス用パックロッド。
バット側から3番目のガイドの上、2番セクションが折れました。
幸いなことにパックロッドなので修理費用はそれほどかかりません。
折れたセクションの新品交換で、3,000円程度です。
因みにロッドは、ジャクソン・ブリストール・パワープラス806L5pc。
f0196649_15583424.jpg
気落ちする隊長の横で、スペアロッドで釣行を続けるチビ隊員。
f0196649_15581950.jpg
気落ちする隊長を見かねたのでしょうか。
チビ隊員の提案で、LEDライトを使った光のアートを創作しました。
I(ラブ)・ラブ(ハートマーク)・ナマズの文字が、多摩川の水辺に浮かびます。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-21 23:55 | 多摩川親子探険記
多摩川日記 「早瀬の釣り」
f0196649_1601930.jpg早瀬の釣りが好きです。

瀬に出ている活性の高い魚、水面を意識している魚に対して、テンポ良くシャローを攻める釣り。

流れを攻める時は、ラインの扱いに気を使います。
しかし、ルアーは見切られにくい。
ルアーの扱いが苦手でも、釣果を得られる可能性が高いのです。

ヒットした魚とのやりとりも楽しいですね。
手元まで魚を寄せる難しさ、ランディングでのドキドキ感。
失敗することも少なくありませんが、ワクワクします。

ウェーデングも大好きです。
自然を全身で感じている・・・気分になります。

早瀬の釣りは、暖かくなるこれから本番です。
f0196649_1602384.jpg
今日も釣行直後に、早速ニゴイがヒット。
撮影は出来ませんでしたが、マルタウグイとナマズもヒットしました。
f0196649_1601411.jpg
スレ掛かりしたアユ。
魚の成長は早いですね。2ヶ月前は、9センチのミノーよりも小さかったのにな。
f0196649_16068.jpg
今年はホームの板チョコポイントを離れて、瀬の釣りを満喫しています。
f0196649_160260.jpg
流れの中で泳ぐ子どもたち。
水難事故が気になりますが、都会で見る里川風景に癒されます。
f0196649_15595557.jpg
この時期の川辺の風景は日々変化します。
数日前まで膝丈だった草木が、あっという間に隊長の背丈ほどに伸びました。
夏草を踏みつけたびに、青臭さが漂います。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-21 20:02 | 多摩川日記
多摩川親子探険記 「マルタ釣り2011グランドフィナーレ」
f0196649_15502370.jpg本日の釣行、第2ラウンド。

久しぶりに親子で、マルタウグイをゲットしました。

2月後半から始まったマルタの遡上・産卵。それから、約3ヶ月の時が過ぎました。
産卵を終えたマルタのほとんどは、もう汽水域に戻っています。

きっと今日の釣行が今年最後のマルタ釣行になるでしょう。
そして、産卵を見られるのもきっとこれが最後・・・。

チビ隊員にマルタの引きを楽しませることができて良かったよ。
来年はもっと沢山親子釣行したいね。
f0196649_15503825.jpg
今年最後の瀬付き。
f0196649_1551468.jpg
今年最後のマルタ釣行は、天気に恵まれました。
初夏のような暖かさの中、サンダルで川に入ってマルタ釣りに挑戦するチビ隊員。
f0196649_15511986.jpg
瀬付きに対して、下流側からアップ〜アップクロスで狙います。
f0196649_15522236.jpg
参戦した多摩友のhidezoさん親子も一緒に楽しました。
f0196649_15523621.jpg
釣った魚を見たチビ隊員の顔に笑みがこぼれる。

f0196649_15501371.jpg
今年、釣った最後のマルタウグイ。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-15 23:49 | 多摩川親子探険記
多摩川日記 「コイか。コイか。コイ科!」
f0196649_15404956.jpg今日の釣果は、コイ科の魚のオンパレード。

ニゴイの連続ヒット。
今年の記録更新となった70オーバーのコイ。
そして、もうそのほとんどが海に帰ってしまったと思っていたマルタウグイ。

同じコイ科の魚でも、見た目や引きは違うんだな〜。
f0196649_15412567.jpg
f0196649_15431554.jpg
朝日に照らされたニゴイの尾ビレ。
あちこちで跳ねるニゴイの姿に、夢中になってロッドを振りました。
f0196649_15414161.jpg
f0196649_1541327.jpg
f0196649_15414915.jpg
f0196649_15415560.jpg
釣れたニゴイのほどんは、尻ビレ付近のウロコが剥がれていました。
これは、産卵の影響かな。川底にお腹を擦りつけて産卵するからね。

f0196649_1542292.jpg
70センチオーバーのコイ。
下流に向かって何十メートルも下がるのでスレ掛かりかと思ったけど、しっかりルアーを咥えていました。

f0196649_154558.jpg
マルタの瀬付きも発見!
f0196649_15455934.jpg
群れさえ見つけてしまえば、こっちのものです。
対岸のフライマンの方とポイントを共有して、ちょっとした入れ食い状態を楽しみました。
どんなことでもそうですが、気遣いって大事ですね。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-15 21:35 | 多摩川日記
多摩川日記 「ニゴイ連発!」
f0196649_15275331.jpg今日もナマズを求めて、多摩川を上流下流へフ〜ラフラ。

産卵モードのニゴイを連続ゲットしました。
この時期のニゴイは、追い星が魚体のあちこちに見られます。産卵期のコイやマルタと同じですね。

隊長は釣りが上手いわけではありません。きっと運が良かったんだな〜。

狙った魚は釣れなくとも、魚だったら何が釣れても嬉しい隊長でした。
f0196649_1528683.jpg
ルアーを吹っ飛ばした、とても元気な一匹目。

f0196649_15281044.jpg
ヒット直後は元気でしたが、側寄せてくると意外に大人しくなった2匹目。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-08 23:27 | 多摩川日記
せたがや水辺の楽校 「移動水族館」
昨夜、捕獲したナマズをお披露目する時が遂にやってきました。

子どもたちは、大きな魚に目がありませんね。
多摩川では珍しい生きものも、ナマズの前にはかなわない。

今回は、大きな亀と隊長の捕獲したナマズが一番人気?でした。
f0196649_15243762.jpg
f0196649_15243761.jpg
f0196649_15245279.jpg
f0196649_15243819.jpg
f0196649_15243825.jpg
f0196649_15243939.jpg
f0196649_15243963.jpg
f0196649_15244065.jpg
f0196649_15244179.jpg
f0196649_15244211.jpg
f0196649_1524424.jpg
f0196649_15244273.jpg
f0196649_15243173.jpg

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-05 23:26 | せたがや水辺の楽校
多摩川日記 「久しぶりに夜ナマズ」
f0196649_1521834.jpg今年始めての夜釣り。
久しぶりに夜ナマズをゲットしました。

今夜の出撃は、釣りが目的のいつもとはちょっと違いました。

翌日に開催を控えた子どものためのイベント「移動水族館」。そこで展示する、目玉の生きものを捕獲するのです。

子どもたちがびっくりするような大型魚を釣りたい。
多摩川にはその夢をかなえてくれる、大きなナマズがるのです。

ちょっと苦戦しましたが、なんとか釣ることができて一安心。
明日のイベントが楽しみです。子どもたちが驚く顔が早く見たい!
f0196649_1521113.jpg
15バイト1ゲット。
大苦戦の末、やっと手にした60センチくらいのナマズ。
水面を割って何度もルアーにアタックしてきましたが・・・、喰い下手なのか、腕なのか、なかなかヒットしません。
それだけに、貴重な嬉しい一匹です。

f0196649_15205670.jpg
夜ナマズの定番ルアー、ジッターバグ改。
オリジナチューンを施したルアーでの釣果は格別です。
f0196649_1521910.jpg
ナマズの愛くるしい表情は、何度見てもたまらないね。

[PR]

by tamagawalk | 2011-05-04 23:59 | 多摩川日記