東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

せたがや水辺の楽校 「移動水族館 in 多摩川であそぼう」
f0196649_17375572.jpg
イベント会場のピクニック公園、通称「ブタ公園」。


f0196649_173823.jpg9月26日(日)の午後、二子玉川緑地で開催されたイベント「第6回 多摩川であそぼう」で、「せたがや水辺の楽校」が移動水族館をおこないました。

隊長とチビ隊員は、昨年に引き続きスタッフとして参加。
今回は、一緒に参加する多摩友のhidezoさん親子と、何日も前から準備に準備を重ねました。

当日は、午後から生憎の天気予報。来場者も去年に比べると少なく感じました。
それでも、水族館には子どもたちをはじめ、たくさんの方が遊びにきてくれたのです。

ということで、天気が気になって遊びこれなかったみんなの為に、当日の水族館の様子と展示した生き物をザッと紹介します。
f0196649_1840476.jpg
移動水族館だと思っていたけど、本当はミニ水族館だったらしい。



多摩川のシンボル
「このアユどこでから持ってきたのですか?」
アユを展示すると、必と言っていいほど聞かれます。
テレビなどに取り上げられることが多くなった多摩川ですが、「アユ」のことは意外と知られていません。

多摩川のことを調べると、アユとの関係を知ることができます。
昔、多摩川は「アユの川」と呼ばれていたようです。

環境汚染に苦しんだ時代もありましたが、今では年間100万匹以上のアユが遡上する川に再生しました。

近年、外来魚が注目されるようになった多摩川ですが、多摩川の魚と言えば、やっぱり「アユ」なのです。
f0196649_18375425.jpg
もう少しで尺(30センチ)に届きそうな、立派な魚体のアユ。
夏の川を賑わしてくれたアユ釣りは、10月15日に禁漁を迎えます。


コイの仲間
川や池でよく見らえれる魚と言えば、やっぱりコイでしょう。
多摩川には、たくさんのコイの仲間が住んでいます。

今回は、そんなコイの仲間たちをたくさん集めてみました。
f0196649_1834246.jpg
「コイ」「フナ」、「ニゴイ」「カマツカ」。
形の似た魚を集めて、見比べてもらいました。
f0196649_18385351.jpg
うっすらと婚姻色が残る「オイカワ」。
独特の色合いを「川の芸術品」と呼ぶ人もいます。
f0196649_18383553.jpg
「タモロコ」「スゴモロコ」「モツゴ」。
これらも見分けづらい魚です。
f0196649_1835261.jpg
多摩川に一足早く春の訪れを教えてくれた「マルタウグイ」。
春に川で生まれ、夏を過ごし、11月頃、海へ向かって川を下り始めます。
そして数年後、産卵のために再び川に戻ってくるのです。


ハゼの仲間
「ハゼ」は「コイ」と同じくらい、水辺で良く見られる魚です。
子どもでもガサガサや釣りで、簡単に捕まえることができます。
子どもたちに川遊びの楽しさを教えてくれる身近な魚なのです。
f0196649_18342745.jpg
「ヌマチチブ」「ウキゴリ」「マハゼ」。
色や形の違いで簡単に見分けることができます。
今年は中流域まで上がってきた「世田谷マハゼ」を釣って食べてみました。
味については、またの投稿で。
f0196649_18343257.jpg
「トウヨシノボリ」は雨の後に良く見られます。
上流から流されて来るのかな。


エビとカニ仲間
理由はよく判りませんが、カニは子どもたちにやたら人気がある生き物です。
今回は「モクズガニ」も「テナガエビ」もたくさん展示することができました。
f0196649_1835314.jpg
多摩川で観察できるエビの仲間は、「テナガエビ」「スジエビ」「ヌマエビ」。
小さな「テナガエビ」と「スジエビ」は見分けがつかないほど、よく似ています。
f0196649_235072.jpg
「モクズ?モズク?」こんな質問もよく受けました。
正解は「モクズ」です。「モズク」の方が美味しそうですが・・・。
「モクズカニ」は高級食材で有名な「上海ガニ」の仲間。
多摩川には、このカニを専門に採る方がいます。
もちろん、食べることが目的のようです。


小川の生き物
「メダカ」「ドジョウ」「オタマジャクシ」「ヤゴ」などの水生昆虫は小川や池に住む生き物です。
多摩川でも流れの緩やかな場所やヨシや水草の生えている場所で見ることができます。

小さな生き物なので、雨が降って川が増水すると下流に流されてしまいます。
今年は雨が少なかたので、「メダカ」のような小さな生き物をたくさん捕まえることができました。
f0196649_2317592.jpg
「メダカ」は日本に棲息する最も小さな淡水魚。
ペットショップで売られているメダカの色は黄色ですが、川や池で見られる野生のメダカは黒っぽい色の「黒メダカ」です。


水族館の目玉
今回は、普段なかなか見られない多摩川の生き物も展示することができました。
f0196649_23111758.jpg
大きな生き物や模様が派手な生き物は人気があります。
f0196649_18422212.jpg
スタッフとして一緒に参加したhidezoさんが、当日の朝、野川で捕まえた大きな「クサガメ」。
f0196649_23102759.jpg
大きさ20センチ位の「ドジョウ」(写真中央)。日中、なかなか見られない大きさです。
「トウキョウダルマガエル」という珍しいカエルが、同じ水槽の中に混じっていることを、水族館終了後に知りました。
f0196649_1835510.jpg
日暮れにルアーフィッシングで釣った「ナマズ」。
f0196649_23132883.jpg
頭の形と模様がヘビに似ている「ライギョ」。
昔から多摩川にいる外来種です。
どう猛な魚かと思っていましたが、同じ水槽に入っていたザリガニにいじめられていました。


活動後記
今回の水族館は過去の活動の経験を振り返り、子どもたちと色々な工夫をしました。

展示する生き物をできるだけ傷つけないで捕まえる方法。
形の似た魚の違いを知ってもらう展示方法。
生き物のことを解りやすく紹介する方法。

失敗もたくさんしたけど、挑戦したことは子どもたちにとってどれも良い経験になったと思います。
もちろん、大人も子ども以上に楽しみながら準備に取り組みました。

準備の様子や工夫したことについては、またの投稿で紹介しますね。
f0196649_1839048.jpg
f0196649_1738843.jpg〈上の写真〉展示方法を考えるこどもスタッフ。生き物のことを解りやすく説明するために「生き物カード」を作って水槽に貼り付けました。
〈右の写真〉公園から「せたがや水辺の楽校原っぱ」に向かって作られた「探険の道」。
草を刈って作った迷路をみんな楽しそうに歩いてました。

[PR]

by tamagawalk | 2010-09-29 18:38 | せたがや水辺の楽校
せたがや水辺の楽校 「移動水族館の開催予告」
本日9月26日(日)、二子玉川緑地で開催されるイベントで、せたがや水辺の楽校が移動水族館をおこないます。
f0196649_3475894.jpg
昨年、同じイベントでおこなった移動水族館の様子

多摩川で集めたたくさんの生き物を展示する予定です。
ご家族やお友達をお誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

イベント名:喜多見地区青少年委員会主催「デイキャンプin多摩川」
場所:「せたがや水辺の楽校遊びの日」集合場所の側
   二子玉川ピクニック公園(通称:ぶた公園)
時間:1時〜4時
〈アクセス情報はコチラから〉

f0196649_348299.jpg

f0196649_348762.jpg

f0196649_3482149.jpg

f0196649_3482313.jpg

f0196649_3482686.jpg

f0196649_3482830.jpg

f0196649_3483173.jpg

f0196649_348343.jpg

[PR]

by tamagawalk | 2010-09-26 03:52 | せたがや水辺の楽校
せたがや水辺の楽校 「9月遊びの日」
毎月第1日曜日に多摩川でおこなわれるイベント「せたがや水辺の楽校遊びの日」。
今月もボランティアスタッフとして子どもたちと参加してきました。

暖かい季節にイベントで体験できる遊びは、ガサガサと小物釣り。
今回は、いつもと違ったガサガサを体験しました。
f0196649_0304239.jpg
「せたがや水辺の楽校」が川遊びを開催する水辺。
通称「板チョコ護岸」の風景。

f0196649_0315210.jpg
談笑しながら後片付けを楽しむ子どもたち。
楽校遊びの日は、久しぶりに会う友達とおもいっきり遊ぶ楽しい一日。



川の中の県境を歩いて渡る
ガサガサをおこなう水辺には、たくさんの木や石が上流から流れ着きます。その影響でしょうか。このあたりの川は、以前よりもずっとずっと浅くなってしまいました。川の生き物のすみ家になりそうな場所や子どもたちがガサガサをする場所も少なくなってしまったのです。そこで、対岸の川崎側に渡ってガサガサをおこないました。
f0196649_031588.jpg
びしょ濡れになりながら、川を渡る参加者。
参加者の中には、わざと首まで水に浸かってライフジャケットを試す子どもの姿も見られました。

清流の伝統漁法「投網」
せたがや水辺の楽校では、投網の実演を年に数回おこないます。
今回の実演では、1回で30匹以上の「アユ」が採れました。
f0196649_032349.jpg
いつも投網の実演をおこなっていただく地元のアユ取り名人のおじいさん。

次回の遊びの日
次回は、年内最後の川遊びです。今回、投網の実演をしてくれたおじいさんが捕まえたアユを、塩焼きにして食べる試食会を予定しています。江戸前の天然アユを一度味わってみませんか。もちろん、ガサガサと小物釣りもおこないます。
f0196649_032963.jpg
今回、投網で採れた「アユ」。数回で80匹以上のアユが採れました。

[PR]

by tamagawalk | 2010-09-05 23:00 | せたがや水辺の楽校