東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

多摩川のイベント 「どんど焼き」
前回の投稿の続き、「鏡開き」のあと参加した多摩川のイベント「どんど焼き」の話。
昨年、このイベントに参加した時いただいたパンフレットから、「どんど焼き」の説明を参考にしてレポートしま〜す。
土手で鎌田の二子緑地を目指します。会場となる「せたがや水辺の楽校」原っぱには、すでに大勢の人が集まっています。
f0196649_095386.jpg
しかし、遠くから見ても茅(かや)の塔は目立ちますね。
子どもに急かされ会場へ
f0196649_0104043.jpg
茅の塔の真下から眺めてみます。
高い! 前日レポートの投稿では塔にかかっていたブルーシートも取り外され、お焚上げするための正月飾りなどが付けられています。
「どんど焼き」は小正月(こしょうがつ)という、正月の望の日(満月の日、旧暦一月十五日)のころに行われる火祭りの行事。確かにこの日は満月、小正月ということなんですかね。
本来は子どもの祭りとされ、正月飾りなどの回収や塔の組み立てなどを子供がおこなうようです。
で、この塔は中心に「オンベラ棒」と呼ばれる三間半(約6.3メートル)から四間(約7.2メートル)ほどの竹の棒を立て、上の方の九尺(約2.7メートル)を縄で縛り残りの下の方を裂いて円すい形に広げて丸太の杭で固定し、広げた部分の1箇所には出入口を作りまわりに「わら」や「麦わら」をかけた小屋のようです。
小屋だったんですね。ちなみに一間=1.8メール、1尺=30センチメートルです。
多摩川の「どんど焼き」小屋は多摩川産の「茅(かや)」を使っているようです。
f0196649_011688.jpg
小屋の中心になる「オンベラ棒」の先端にはダルマが数体飾られています。
ダルマを焼くかどうかは地域によって「縁起物を祭りで焼く事により、それを天にかえす」「目がつぶれるとされ、祭りでは一切焼かない」「ダルマそのものが登場しない」などなど違いがあるようです。
この地域では「縁起物を祭りで焼く事により、それを天にかえす」っていうことなんですかね。
f0196649_0113281.jpg
でわ、小屋の中を拝見。
外と同じように中も焚上げの飾りでいっぱいです。
我が家の正月飾りも小屋の中へ
f0196649_0125817.jpg
そして、お賽銭。
子どもたち5円玉で験(げん)担(かつ)ぎ。
f0196649_0133496.jpg
祭り日和!
絶景富士山!
f0196649_0144456.jpg
さてさて、主催関係者や世田谷区議員の方のあいさつのあと、いよいよ点火です。
点火の前に大人にはお酒(御神酒)、子どもにはジュースがふるまわれ
カンパ〜イ!
f0196649_014497.jpg
そして、点火!
すぐに煙が。
f0196649_0153248.jpg
驚くほど速いスピードで燃えひろがります。
f0196649_016588.jpg
あれよあれよという間に、小屋が炎につつまれました。
15メートルほど離れているのに熱い!
炎の中から「バンバン」と何かが破裂したような音が会場に響きわたり
子どもたちはビックリした顔でちょっと怯えながら炎を見つめています。
これが火事だったらと考えたらゾッとしますね。
f0196649_0163581.jpg
あっという間に茅と正月飾りが燃え尽き、小屋の骨組みだけがの残っています。
「オンベラ棒」が最後まで立っていると縁起がいいと言われ、途中で倒れると倒れた方角が今年は縁起が良くない方角とされているようです。
それもあってか地域の消防団の方々が「オンベラ棒」や骨組みに針金を付け倒れないように必死にひっぱっていました。
f0196649_0165634.jpg
今年は縁起がいいなと思っていると
f0196649_0173629.jpg
最後まで残っていた骨組みが崩れ、観客からどよめきが
点火から骨組みが崩れるまで約3分位でした。
この後、甘酒がふるまわれ「どんど焼き」も終了かと思っていると
もう1つイベントが
f0196649_018230.jpg
「どんど焼き」の燃えかすを使っての焼き餅。餅と餅を焼くための道具として先端に針金の付いた竹が子どもたちに配られます。
燃えかすで焼いた餅を食べると無病息災になると云われているようです。
f0196649_0183092.jpg
燃えかすを広げて焼き餅の準備。
待ち時間が長く子どもたち、早く餅を焼きたそう。
竹も重いので腕が疲れてきたようです。
f0196649_0185672.jpg
待ちに待った焼き餅!
先を争うかのように餅を焼き始めます。
大勢の子どもたちがいっせいに餅を焼くのであちこちで針金がお祭りしたり、餅が落ちてしまったりアクシデント続出!
f0196649_0191597.jpg
我が子はなんとか餅を焼き終え、おいしそうに食べていました。
管理人も子どもから焼いた餅を分けてもらい無病息災!
これで「どんど焼き」終了!
行事に参加して昔からこの地域に住む地元の方とお話させていただく機会があったのでお話を伺うと、地元の人でも初めて参加するという人が多く、意外でした。
伝統的な行事、東京でもおこなっている地域は少ないとのことなので、後生に残していきたいイベントだんなと感じる管理人であります。
f0196649_0193548.jpg
こちらの写真は同じ週に同じ地域の畑でおこなわれた「どんど焼き」。
この地域では恒例の行事のようです。
正月飾りを持っていけば焚上げしていただけるので小正月のイベントは多摩川へいかがですか。
[PR]

by tamagawalk | 2009-01-27 00:20 | 多摩川のイベント
季節の風習 「鏡開き」
今週は不安定な空模様。
日中の気温15度、春のような陽気だったり、雨が続いたり、真冬の寒さになったり。
そういえば20日は「大寒」といって寒さが最も厳しくなるころのようだっだらしいのだがそんな時期に日中の気温15度の日があるとは・・・。
今日は雪まじりの小雨が降って「大寒」にふさわし寒さを感られた。
ちなみに1月5日は「小寒」といって寒さが最も厳しくなる前の時期、「寒の入り」ともいうそうな。
「寒」とは、「小寒」から「立春」の前日、節分までをのことで、冬の寒さが一番厳しい時期のよう。
「小寒」「大寒」「立春」というのは、簡単に説明すると1年の季節を24に分けた二十四節気(にじゅうしせっき)というもの、昨年投稿した「冬至」もこの二十四節気の一つ、いつか詳しく調べて投稿しますね。
前置きが長くなってしまったが、前回の「どんど焼き」前日レポートの投稿から投稿をサボっていたので2週間貯めた日記を順番に投稿しようと思います。
まずは、前回の続きで「どんど焼き」当日レポートと同じにおこなった風習「鏡開き」の話から。

「鏡開き」とは、正月に供えた鏡餅を割り、雑煮や汁粉に入れて食べて、一家の円満を願う行事。
f0196649_16114394.jpg
鏡は円満を、開くは末広がりという意味。鏡餅を食べるのは「歯固め」といって、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、神様に長寿を祈るためらしい。
風習や行事には、無病息災など健康祈願したものが多いですね。
鏡開きは元々武家社会の風習だったようで、餅を刃物で切るのは切腹を連想させるので、手や木鎚で割るようです。
で、我が家の鏡開きというと・・・
f0196649_1612620.jpg
一枚目の写真の重なった餅、実は偽物。
底に蓋がついていて開けると中に四角い餅が入っているんですね〜。昨年は丸い餅だったのを思いだして、子どもたちが「丸い餅の方が鏡開きっぽい雰囲気がするね」なんていってました。同感。
f0196649_16122795.jpg
我が家はこの餅を磯辺焼きにして食べます。
これで今年も長寿祈願、終了。
「鏡開き」のことを調べてみて、来年は餅つきをして鏡餅作りをしようと思う管理人であります。
さて、餅も食べ終わったので、この後は餅を飾っていた土台や、そのほかの正月飾りを持ち、子どもたちと「どんど焼き」へ出陣。
[PR]

by tamagawalk | 2009-01-24 17:30 | 季節の風習
多摩川日記 「茅(カヤ)の塔」
今週、多摩川世田谷二子緑地に茅でできた塔のようなものが出現しました。
f0196649_23553075.jpg
散歩で通る土手のサイクリングロードから二子玉方向を見ると一際目立つ塔を見ることができます。
f0196649_2355471.jpg
近くから見てみることに。
f0196649_2356235.jpg
「せたが水辺の学校原っぱ」の側が塔のある場所。
f0196649_03325.jpg
さらに近くでみてみると正月飾りやおふだ類が置かれています。看板には「お焚き上げ」の文字が
f0196649_035477.jpg
実はこれ、小正月におこなわれる「どんど焼き」という風習。この地域世田谷鎌田地域では毎年恒例の多摩川イベント。塔は6〜7メートル位ありそうです。子どもと比べてみるとその大きさがよく解ります。子どもたちは毎年楽しみにしているので、イベント当日まで何度か見学にいっています。我が家は今年で3回目の参加。
f0196649_041255.jpg
塔の先端にはダルマが
f0196649_044096.jpg
今日は風が強かったものの昨日の雨を忘れてしまうくらい爽やかな気候。夕焼けも富士山もきれいです。
f0196649_05256.jpg
帰りぎわ川辺から塔を見ると月もでていました。確か明日は満月だったような。
この調子だと明日の天気も期待できます。
明日、1月11日(日)は「どんど焼き」本番。鏡開きの日でもあります。
開始時間は午前10時30分
場所は世田谷鎌田、多摩川二子緑地
ご興味のある方ご近所の方は、明日鏡開きをしてお餅を食べた後、足を運んでみてはいかがですか。
驚きの光景を目にする事ができますよ。
次回の投稿は「鏡開き」と「どんど焼き」レポートになりそうです。
[PR]

by tamagawalk | 2009-01-11 00:40 | 多摩川日記
季節の風習 「冬至」
前回の投稿から季節の風習つながりということで冬至の話を。
まずは「冬至」について調べてみました。
一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日。12月22日頃。
「ゆず湯」に入り、「冬至かぼちゃ」を食べる風習。
「ゆず湯」は、冬の寒さの中でも健康に暮らせるようにと、浴槽に柚子を浮かべてはいるお風呂。
ゆず湯は、風邪を防ぎ、皮膚を強くするという効果があるようです。
冬至は湯につかって病を治す湯治(とうじ)にかけ、柚子は融通が利くようにと願いが込められているとか。
「かぼちゃ」は、厄除けになる、病気にならないと言われているようです。
かぼちゃには、カロチンやビタミンが多く含まれているようで冬にビタミンなどが多く含まれる食物が不足した時代はかぼちゃは貴重だったとか。
かぼちゃの豊富な栄養素が風邪予防になる。それを厄除けと考えたんですかね。
なお、1年で日の出の時刻が最も遅い日・日の入りの時刻が最も早い日と、冬至の日とは一致しないようです。日本では、日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃で、日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃とか。
f0196649_2161286.jpg
で、我が家の冬至ですが、
まずは、「ゆず湯」。ゆずは多摩川産!なんていってみたいものですがそううまくはいかないので多摩川にほどちかい地域で調達。
ゆずこしょう、ゆず七味、ゆず料理とゆず大好きな私は「ゆずとお風呂に入れてよかった〜!」なんて・・・
そのまま、浴槽に浮かべるだけでもゆず独特のいいにおいを楽しめますが、ちょっと皮を削るだけでさらににおいの癒し効果が満喫できます。
子供はゆずを遊び道具にしておおはしゃぎ。
家族団らん、親子で楽しむ「ゆず湯」最高ですね。
f0196649_2165083.jpg
「ゆず湯」のあとは締めの「冬至かぼちゃ」。
我が家のかぼちゃ料理は、東北で無農薬農業をおこなっている祖母が作った自家製のかぼちゃと小豆を使った「いとこ煮」。「かぼちゃの粒あん和え」と言えば解りやすいでしょうか。餅をかぼちゃに変えた汁なしおしるこってとこですかね。甘めの味付けがお菓子好きの私にはたまりません。子供のころ、母が祖母直伝の「いとこ煮」を作ってくれたのを思い出します。
親から子へそしてまた次の世代へと家庭の味も風習とともに受け継がれていくんですね。
ところで「いとこ煮」って変わった名前ですね。
名前の由来も調べてみました。
「いとこ煮」は、堅いものから順に煮ていく料理で、「追い追い煮る」の意味から「追い追い」と「甥々(おいおい)」と掛けた洒落で、「いとこ煮」と呼ばれるようになったようです。その他にも根菜類やあずきを煮込んだだけのお事汁がなまって「いとこ煮」となったとか、かぼちゃとあずきは煮たような味のでんぷん質で「いとこ」だからと、由来はいろいろ。
いれる具材も地域によって違うようです。
また、神に供えた食物を寄せ集めて煮ることから始まった料理で、元々は盆や正月、祭礼時に食べられていたとか。
「冬至」や「春の七草」をはじめ風習事は無病息災や健康祈願などを祈ったものが多いですね。
昨年、体調を崩してしまった私は、今年は健康祈願の風習事に力が入ってしまいそうです。
著名なプロレスラーの方が「元気ですか〜!元気があればなんでもできる!」と叫んでいますが、まさにそのとおりです。何事も体が基本。とくに子供たちにはいつも元気に多摩川を走り回っていて欲しいと思う、子育ておやじであるブログ管理人であります。

最後に多摩川でおこなわれる風習の情報を
鏡開きの1月11日(日)世田谷区鎌田の二子緑地にて「どんどん祭り」がおこなわれます。
開催の詳細や「どんどん祭り」については次のブログで紹介します。
[PR]

by tamagawalk | 2009-01-08 21:15 | 季節の風習
季節の風習 「春の七草」
年末と正月の運動不足や食べ過ぎが気になりはじめる正月休み明け、食事改善でもと思っているとちょうどいい風習がやってきます。
それが1月7日の「春の七草」。
というわけで七草について調べてみました。
七草は春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれたようです。そこで、年頭にあたって豊年を祈願し、無病息災を祈って「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながら食べたのが七草粥。御節料理で疲れた胃腸を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるようで古くは前日の夜にまな板の上で、囃(はや)し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れたそうです。包丁で叩いて刻む回数も決められていたとか。
そこで、我が家でもやってみました。
まずは、主役の七草から。
さすがに多摩川で調達できないものもあるので近所のスーパーで購入。
f0196649_20303420.jpg
写真左から
芹(せり)〈セリ科〉
薺(なずな)はぺんぺん草〈アブラナ科〉
御形(ごぎょう)は 母子草(ははこぐさ)〈キク科〉
繁縷(はこべら)はハコベ 〈ナデシコ科〉
仏の座(ほとけのざ)は小鬼田平子(こおにたびらこ)〈キク科〉
菘(すずな)は蕪(かぶ)〈アブラナ科〉
蘿蔔(すずしろ)は大根(だいこん)〈アブラナ科〉
地域によっては入れる草の種類も数も違うとか。
前日6日の夜に草をまな板で叩きます。
叩く回数も囃し歌もわからないのでとりあえず今年一年のお願いや思いを込めて気分よく叩くことに。
ちなみに七草を水で洗ったあと爪を切ると一年爪の病気などに悩まされるこはないという言い伝えもあるようです。
ということなので爪も切ってみました。
f0196649_20305521.jpg
翌朝「春の七草粥」をいただきます。
正月の御節料理に慣れてしまった味覚にお粥の素朴で質素な味が新鮮に感られます。
風習事をおこなうとなんだかちょっとした安堵感みたいなものを感じてしまいます。
秋には「秋の七草」もあるのでそちらはまた秋にでも。
次回の投稿は風習つながりということで昨年投稿を忘れていた12月22日「冬至」の話を投稿します。
[PR]

by tamagawalk | 2009-01-08 20:55 | 季節の風習
2009年 あけましておめでとうございます
新年、あけましておめでとうございます。
昨年11月から始めたブログも2ヶ月間で数回の更新を経て、2009年突入となりました。
今年も多摩川での親子探険記をはじめ、多摩川でのあれこれを昨年公開できなかった情報も織り交ぜながらお伝えしていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。
で、今年一発目のブログは「多摩での初日の出」。
f0196649_168487.jpg
天候に恵まれ下流東京湾方向からの美しい初日の出を見ることができした。初日の出を見るために大勢の方が集まっていました。このあたりが賑わうのは夏の花火大会と天気のいい元旦の朝。花火も初日の出を見るのにもこのあたりは穴場ですね。
f0196649_1682871.jpg
上流側には日の出の光を浴びた富士山がよく見えます。
f0196649_1692128.jpg
年越しのお参りは地域の神社で甘酒を呑みながらのお囃子鑑賞。
初日の出もみれて、2009年はいいスタートがきれました。
しかし、大晦日の夜、元旦の朝ともにいがいと寒さは感じませんでした。温暖化、温暖化といいますが、やっぱり年々暖かくなってるんですかね。
[PR]

by tamagawalk | 2009-01-01 16:37 | ごあいさつ