東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「今日こそふたご座流星群・・・」
13日(土)天候に恵まれず見ることのできなかった「ふたご座流星群」。やっぱり見てみたい!ということで14日(日)観察再挑戦。
この日は朝から雨、夕方頃には雨が止むという予報。ちょっと期待しながら夜を待ちます。こんな日にかぎって天気予報がハズレたり・・・なんて、ちょっと心配もしましたが、天気予報は的中!流星観察には絶好の夜空。
昨日と同じ観察場所、多摩川のグランドに午後10時30分ころ向かいました。
f0196649_2318761.jpg
昨日の観察結果を我が家のチビ隊員に話したところ、小学校の授業で使っている「理科の教科書」「世田谷で観察できる星座早見表」「方位磁石」を準備しています。本当は一緒に観察したかったのでしょう。今回は夜遅くしかも寒い、チビ隊員たちには我慢して自宅で待っててもらいます。そのかわり写真を撮ってくる約束・・・気合いを入れて観察に・・・。
しかし、この夜は今年の冬一番の寒さじゃないかなと思うくらいの気温。寒さで耳がちぎれそうです。
f0196649_23184210.jpg
まずは「ふたご座」探しから。「星座早見表」と月の位置をたよりに見つけました。写真左上の白い点がふたご座の一等星「ポルックス」、写真には写っていませんがその右となりにはふたごの兄「カストル」の星があります。今回はその「カストル」が流星放射点の目印。流星を見えなくさせてしまうのでわと思えるほど明るい月が側にあります。
f0196649_23194863.jpg
こちらは月を挟んで反対側に見える並んだ三つ星が特徴的で冬を代表する星座「オリオン座」と「冬の大三角」。冬の大三角はオリオン座の三つ星左上の一等星「ベテルギウス」、月のすぐ下に見える「こいぬ座」の一等星「プロキオン」、こいぬ座よりさらに下に見える「おおいぬ座」の一等星「シリウス」を線でつないでできる三角形。チビ隊員の用意してくれた「星座早見表」「理科の教科書」と空を見比べながら星座探しを楽しみます。
f0196649_2320196.jpg
1時間以上空を見上げ写真を撮り続けましたがなかなか流星を見ることができません。日付も変わりそうです。
しかし、その瞬間は急にやってきました。
月明かりに負けないくらい、強い光の線・・・。流星です!「オリオン座」の左側「冬の大三角」を真っ二つに割るように流れました。
写真には残せませんでしたが、心にはしっかり刻まれました。やったぜチビ隊員!!
f0196649_23204511.jpg
f0196649_23211853.jpg
時間がたつほどに、暖かな街の光は消え、それとは対照的に星明かりはいっそう強く、寒さは増していきます。そして流星をみた実感と感動も・・・。
来年2009年は1999年と2001年に多く流星を観察することができた「しし座流星群」が観察できるようです。11月18日の午前6時頃には1時間に500個くらいが流れるとか。月明かりにじゃまされることもないようなので、チビ隊員たち来年は一緒に観察しようね。
[PR]

by tamagawalk | 2008-12-16 01:02 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「雪!?・・・」 多摩川日記 「ふたご座流星群観... >>