東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川親子探険記 「伏流水(ふくりゅうすい)の池観察-その3」
池の水が少なくなったことを心配していた伏流水の池観察。渇水期(かっすいき)の雨に救われ一安心、とおもいきや・・・。
先週末、雨の影響を見に伏流水の池へ。水量も湧水も十分でしたが暮らしていた生き物たちが見あたりません。
f0196649_14373686.jpg
このあたりは鵜(う)、サギ、カモメにカワセミ、トンビにキジ、鳥がたくさん集まる場所。鳥に食べられてしまったのかなと、チビ隊員は心配そうに池を見つめています。
f0196649_14375685.jpg
お魚くんたちもいなくなってしまいがっかりしながら帰ろうとしたとき、チビ隊員が川辺で何かを発見。
f0196649_1438189.jpg
雨の前日まで池のそばには無かったとても大きな木が!
川が増水して上流から運ばれてきたのでしょうか。すぐそばの板チョコ護岸を見ると泥がたまって増水があったことを知ることができます。
池で暮らしていた生き物たち、増水で本流に脱出していったみたいです。原因がわかりチビ隊員たち気分もスッキリしたのかと思いきや、もう少し池で生き物を観察したかったのと本流に脱出した生き物たちが心配なようす。
このあたりは鵜が多くその数は年々増えているようです。池から脱出していった生き物たちと来年また会えるといいね。
しかし、増水で流されてきた木の大きいこと。子どもが10人は腰かけられそう。休憩場所にちょうどよさそうです。
f0196649_1439306.jpg
帰りに通った「せたがや水辺の楽校」のガサガサ遊びの場所。増水しても渇水期のせいか水も少なめ。今年「ゲリラ豪雨」による何度かの増水で川の流れも地形も変わってしまいました。来年のガサガサはどうかな。
[PR]

by tamagawalk | 2008-12-05 14:53 | 多摩川親子探険記
<< 多摩川日記 「護岸工事と気にな... 多摩川親子探険記 「伏流水(ふ... >>