東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川親子探険記 「秋の小物釣り」
秋の川遊びの楽しみのひとつ「秋の小物釣り」。コブナ、モロコ、モツゴにタナゴ、魚は小くとも釣り仕掛けのウキのピクピクとした動きが子供たちを楽しませてくれます。
f0196649_1142163.jpg
チビ隊員たちも、釣りは大好き!
この日は、モロコ釣りを楽しむはずだったのですが・・・。チビ隊員は足もとで見つけた、ウキゴリ、ヌマチチブが気になる様子。
f0196649_1153977.jpg
というわけでこの日はウキゴリ、ヌマチチブ釣り大会に変更。この魚たちハゼの仲間、お腹にある吸盤と2つの背びれが特徴てき。
f0196649_1181169.jpg
ヌマチチブはダボハゼとも呼ぶようでこのあたりの年配の釣り名人達からは「ダボ」という声をよく耳にします。
f0196649_1191727.jpg
こちらはウキゴリ。ヌマチチブもウキゴリも一昨年くらいから一年をとおしてよく見るようになりました。年々が数が増えてるような気もします。
見える魚は釣れないなんていうことを言ったりもしますが、チビ隊員たち次から次へと釣り上げます。
f0196649_11144842.jpg
気づくとテナガエビまで釣ってます。恐るべしチビ隊員たち。
チビ隊員たちなりにいままでの経験から、魚ができるだけ傷つかないように弱らないように釣り道具やえさも一工夫して楽しんでます。管理人が魚をさわろうとすると「お魚を触るときは、手をよく水でぬらして手を水と同じ温度にしないとお魚がヤケドしちゃうからね」といわれることも。
釣りも十分楽しんだので片づけをしているとチビ隊員の「すごくおおきなウキゴリがいるよと」の声、川の中をのぞいてみます。
f0196649_11173389.jpg
みつけたのはなんと15cmくらいもあるマハゼ!天ぷらサイズです。
釣り場は海から17kmも上流。海の魚と思っていたので、こんなところまで上ってきていることにビックリ。思い出してみると今年このあたりではマハゼの他にも海や汽水域の魚を何度か見ることができました。そのときのもようはまた別のブログで。
[PR]

by tamagawalk | 2008-11-27 12:43 | 多摩川親子探険記
<< 多摩川親子探険記 「まだまだに... 多摩川の地域 「秋の味覚そして... >>