東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2012初マルタウグイ」
f0196649_10341899.jpg多摩川に春の到来です!

多摩川春の風物詩、マルタウグイが戻ってきました。

勝手ですが、ここにマルタシーズンスタートを宣言します!

ランディングが終わっても、足の震えと、高鳴る鼓動が止まりません。

その魚影をまだ確認できない人が多い中、一足早いゲット。
ファーストランの魚体を釣り上げることができました。

なんて幸運なんだろう。
川を人一倍眺めていることだけが取り柄な隊長。
多摩友たちとの情報共有の賜です。
水辺に足繁く通った甲斐がありました。
みんなありがとう!!みんなで獲った一匹です。

これから、遡上してくる第2陣、3陣のことも待ち遠しいな。
f0196649_10341595.jpg
今年、待望の一匹目。
自作スピナーで獲ったレッドラインの砲弾。
婚姻色も、流線型の魚体も、美しい。
f0196649_10381243.jpg
瀬付近の水深は、増水の影響で全体的にかなり浅くなっていました。
きっと上流から砂利が流れ込んだのでしょう。

瀬の地形も変わっています。
増水前に見られた川幅いっぱいに点在する小さな瀬が、一つの大きなU字の瀬に変形しました。

魚影を確認したのは、夕日が沈む直前。
それまで穏やかだった川面が突然慌ただしくなりました。

群れのほとんどが、上流を目指して瀬を超えていきます。
その中に小さな瀬付きをぱらぱらと確認。

毎年そうですが早期のマルタは驚かせてくれますね。
遡上の気配などまったく無かったのに・・・。
f0196649_10341539.jpg
ほぼ毎日のように通った瀬。
その中に見えた、マルタウグイの背中。
遡上が始まっていたことを改めて実感しました。
f0196649_10341697.jpg
2匹目も自作スピナーでゲット。
1匹目は無我夢中だったので、ランィング後喜びのあまり放心状態になってしまいました。
2匹目は落ち着いてやりとりできました。
1匹目とは違って記念撮影も忘れません。
f0196649_10341892.jpg
しかし、初期のマルタをルアーで獲るのは難しいですね。
時合いが短い上に、なかなか口を使ってくれません。
だだ、これが初期のマルタ釣りの醍醐味の一つです。

数釣りは楽しめませんが、この時期にショートバイトとも言えないような、とても小さなアタリの感触を掴むことも大切ですね。
きっと最盛期の爆釣に繋がるでしょう。
f0196649_10341696.jpg
今日のヒットルアーは、自作スピナー4gとDコンタクト4.5g。
ヒットパターンは、川底コロコロ。
瀬の水深を考えると、もう少し軽めのルアーを選んだ方が良いかもしれません。
f0196649_10341798.jpg
f0196649_10424899.jpg
f0196649_10341797.jpg
f0196649_10341987.jpg
撮影後、元気に泳いで瀬に戻っていきました。
f0196649_10474549.jpg
マルタカラーの自作スピナーとマルタをモチーフにしたブローチ。
ブローチは、マルタ釣行時のお守りとして携帯しています。
これの効果もあったのかな・・・。

[PR]

by tamagawalk | 2012-02-24 23:00 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「雪上のマルタウグイ」 多摩川親子探険記 「マルタを解く。」 >>