東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「ウグイ祭り」
f0196649_028475.jpg降海型のウグイの引きもなかなかイイですね〜。

先日行きそびれた瀬で、地元のおじいちゃんとウグイ釣りを楽しみました。

1時間で何匹釣れたっけ?
数を忘れてしまうほど夢中になった。
本当によく釣れたんだよ。

マルタウグイほど大きくはないけれど、力強かったな〜!
さすが、海から遡がってきただけのことはありますね。

マルタとウグイ、婚姻色のこと以外よく解らないけれど、両方とも春の多摩川を活気づけてくれる生きものなんだよね。

ありがとうな。
f0196649_0261094.jpg
釣行場所は、マルタ釣りで実績の高い瀬。
ネットや雑誌でも取り上げられるくらい有名です。
なので、シーズン中は土日平日関係なく常に釣り人を見かけます。
当日も、地元のおじいちゃんが一番良い立ち位置で楽しんでいました。
産卵場所なので見るからに魚はたくさん居ます。
しかし、ヒットポイントは意外と多くありません。ちょっとのズレが釣果を左右します。
そこで、一番良い立ち位置に先行者が居る場合の作戦「仲良し作戦」で一緒に釣らせていただきました。
f0196649_0273173.jpg
これがウグイ。
f0196649_0265461.jpg
f0196649_0322184.jpgこちらがマルタウグイ。

アタリや引きの違いはよくわかりませんが、婚姻色の違いは一目瞭然ですね。

当日一番のヒットルアーは、スミス「ピュア7g」。
使っている人が多い人気のスプーンです。
f0196649_0273510.jpg
こちらのヒットルアーは、今年マルタ釣りで驚異のポテンシャルを発揮しているスミス「Dコンタクト7g」。
f0196649_0275097.jpg
鼻先にフッキングすることが何回かありました。
ポイントが水深のある早瀬だったこともありますが、これにはロッドの調子が大きく影響しているようです。
PEラインでショートバイトにしっかり対応しても、ロッドの特性でアワセが微妙にズレるんですね。
久しぶりに使ったロッド、コツを掴むのにはまだ時間がかかりそうです。
f0196649_0281067.jpg
こちらは「仲良し作戦」で一緒に釣りをおこなったおじいちゃんの仕掛け。
中通しオモリ3号にセイゴ針というシンプルなもの。

驚く無かれ!一見するとコロガシのようですが、この仕掛けが凄いのなんのって!
フライ以上の入れ食い状態です。しかもスレ掛かりはほとんどありません。
前日に同じ仕掛けを使った人が100匹以上釣ったとか・・・。
この仕掛けが、マルタ&ウグイ釣りの最強メソッドかもしれませんよ。

しかし、マルタ釣りの仕掛は、これっていうのがありませんね。
同じ場所で同じ魚を狙っているのにね。
ルアータックルひとつとっても、シーバス、バス、トラウトなどなど様々ですからね。

ちなみに隊長は、トラウトの中流・本流用タックルを使用しています。
ラインはPE1号にリーダー16ポンド。
フックには、シングルバーブレスのちょっと小さめのサイズを選びます。

場荒れしない程度に引きを楽しみ、他の釣り人の迷惑にならいないように気を付けているつもりです。
もちろん、魚へのダメージ対策は絶対に忘れませんよ。

[PR]

by tamagawalk | 2011-04-26 23:39 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「稚アユ」 多摩川日記 「どんな時も」 >>