東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川親子探険記 「親子釣行」
f0196649_18284062.jpgチビ隊員と久しぶりにおこなった親子釣行。

狙う魚はもちろん、今が最盛期のマルタウグイです。

先日、子どもと釣りを楽しむのにぴったりの場所を見つけました。
人気の釣り場のように混雑していないので、回りを気にせずのんびり釣りを楽しめます。

もちろん、瀬付きアリ!
釣果に期待が膨らみます。

ところが、川に行ってみると前日までいたマルタの群れが消えていました。
瀬で見られるのは、コイやニゴイばかり。

親子ダブルヒット。その夢も儚く消えました。
しかも、粘って粘ってやっと掛けたニゴイには手元で逃げられる始末。
今回も、隊長の釣り下手をチビ隊員に再確認させることになったんだな〜。

次回は、手堅く活きエサを使った小魚釣を楽しもう。

〈右の写真〉この日の為に、チビ隊員と作った自作ルアー。
そして、安全と爆釣を祈願して作ったマルタウグイのブローチ。
f0196649_18284530.jpg
コイの群れを目掛けて、熱心にロッドを振るチビ隊員。
これが今年流行ると噂される、釣りガールの真の姿です。
f0196649_18275893.jpg
趣味の羊毛を使った手芸で自作したブローチ。
帽子に付けたら嫌がられたのでカバンに。どうやら恥ずかしいようです。
f0196649_1828103.jpg
川を漂流するゴミにもコイ科の魚の卵が沢山ついていました。
f0196649_18283122.jpg
川底が汚れているので、底石についた卵には藻が絡まっています。
f0196649_18282525.jpg
全く釣れる気配が無いので稚魚観察。
川底には泥や藻が沢山溜まっていました。
一雨降って洗い流して欲しい汚れっぷり。
これじゃあ瀬付きはしないよね。
f0196649_18285574.jpg
川底に横たわるマルタの死骸。
シーズン終盤が迫っていることを思わせる光景。
なんだか淋しいね。
f0196649_1829218.jpg
コイを追い回すのに夢中になり、親子揃って深みに足を取られました。
楽しむのは良いけど、深追いは禁物です。
水難事故になったら取り返しがつかないからね。
長靴が水没して動揺していたのかな。カメラの操作を失敗しました。

[PR]

by tamagawalk | 2011-04-16 23:00 | 多摩川親子探険記
<< 多摩川日記 「どんな時も」 多摩川日記 「ミノーでマルタウグイ」 >>