東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「大潮に期待して-午前編」
f0196649_14294089.jpgf0196649_14294462.jpg待ちに待った大潮の週末。
一昨日から続く春らしくない寒い日。特に早朝は冷え込みます。
その影響でしょうか、今年はまだマルタウグイの姿が見られません。

「今日こそは・・・」そんな想いで、張り切って多摩川に向かいました。

前日に比べると、川の状況は水位が少し下がった程度。一昨日からほとんど変りません。

今日の偵察は、東名高速の少し上流からスタートして、下流の二子玉川を目指します。
マルタウグイが瀬付きそうなポイントを見つけてルアーを何度も通しましたが、反応は全く得られません。
産卵の気配も感じられませんでした。

国道246号線付近まで下ったところで、今日のマルタウグイ偵察は終了。
偵察中に出会った釣り人の情報によると、堰下付近でも瀬付きが見られなかったそうです。

その後、支流の野川で、気分転換に自作ルアーのテストをおこないました。
マルタウグイは空振りに終わりましたが、そこでは今年初のコイを釣り上げることができました。

瀬付きが見られるようになるまで、コイを狙うのも良いかもしれませんね。

f0196649_14293944.jpgf0196649_14293912.jpg
早朝の冷え込みが感じられる光景。
〈左の写真〉河川敷の水溜まりに張った氷。
〈右の写真〉早朝にグラウンドを自転車で走るとタイヤに霜がつきます。
f0196649_14294026.jpg
人気の瀬には早朝から人が集っていました。
ウェーデングする釣り人の姿に共感。隊長も2月末から、毎日のようにウェーダーを着用しています。
f0196649_14294525.jpg
宇奈根鉄塔付近。
川底の状態は良好ですが、瀬付きは全く見られません。
f0196649_14294152.jpg
f0196649_1575855.jpg板チョコ護岸付近。
〈右の写真〉
川底の状態は良くありません。
藻や泥が溜まっています。
これでは、瀬付きが期待できません。
汚れを洗い流す位の雨が降ってくれることを期待します。
f0196649_1429429.jpg
f0196649_14294229.jpg平瀬川出合い。
〈右の写真〉
中州に上がって偵察しましたが、こちらも瀬付きは確認できません。
川底は板チョコ護岸付近と同じような状態です。
マルタ観察に来ていた中年男性の話では、兵庫島前の流れで、学生がマルタをスレで上げたとか。
f0196649_14294336.jpg
自作ルアーのテストに向かった野川で釣った、今年初のコイ。
一投目に引き波を立てて反応してくれました。
大きさはイマイチですが、引きは良かったです。
f0196649_14294335.jpg
こちら、2匹目。大きさは1匹目と同じくらいですが、引きはこちらの方が良かったです。
f0196649_14294557.jpg
今回のヒットルアー。
リンクさせていただいているブログ「マルタの日記」を参考に自作しました。
制作時間は1時間程度。作り方は、別の投稿で。
f0196649_1429451.jpg
使用したロッドは、自宅の押し入れ眠っていたダイワのコストパフォーマスモデル「ファントム」。10年以上前のモデルです。中流トラウト用として初めて購入した想いで深いロッドです。
f0196649_14293919.jpg
気温がもう少し上がってくれれば、最高の釣り日和でした。

[PR]

by tamagawalk | 2011-03-05 14:29 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「大潮に期待して-... たまが輪 「ブログ紹介」 >>