東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「静かな堰」
f0196649_18574413.jpg車で出かけた帰り、寄り道して調布取水堰に行ってきました。

ここに来た理由はただ一つ、遡上するマルタウグイを見たかったからです。

「堰を飛び越えていく光景が、あの場所なら必ず見られる」
あまり乗り気でない大隊長とチビ隊員を口説き落とし、なんとかここまでやってきたのですが・・・。

思い描いていた光景は、そこに全くありませんでした。

ジャンプするマルタウグイどころか、回遊する魚すら見えません。
今回は、タイミングが悪かったようです。次回の大潮に出直しです。

〈右の写真〉川崎側の河川敷から眺めた丸子橋。
マルタウグイは見られませんでしたが、普段多摩川で遊んでいてもなかなか見られない、ものすごい砂埃に巻き込まれました。全く嬉しくありません。

f0196649_18574272.jpg
海から上がって来る魚たちにとって第一の難関「調布取水堰」
釣りで有名なポイントですが、釣り人はあまり見られませんでした。

f0196649_18574257.jpgf0196649_18574338.jpg
〈左の写真〉腕組みをして川を見つめる大隊長とチビ隊員。
撮影をしながら、心の中で「マルタよ飛んでくれ」と、何度も唱えました。
〈右の写真〉なんとか魚を見つけようと川に近づくチビ隊員。
お出かけ用の服装で、あまり無理はしないでね。
f0196649_18574459.jpg
堰の真ん中にある魚道の下の流れの中で気になる動きがありましが、
それが何なのかは解りませんでした。
f0196649_18574432.jpg
車で来てみたい方、参考にしてくださいな。


スズキのポイント
f0196649_18574191.jpgf0196649_18574188.jpg
東横線の橋脚に貼られた写真やポスター。
その写真のほとんどが、この場所での釣果を撮影したもの。
さすが、スズキで有名なポイントだね。
f0196649_18574567.jpg
一昨年、せたがや水辺の楽校の川遊びの拠点、板チョコ護岸で捕まえたフッコ。アユの遡上がはじまると、中流域まで上がってきます。

[PR]

by tamagawalk | 2011-02-27 19:00 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「雨と増水に期待して」 多摩川日記 「雪、大雨、増水、... >>