東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「ラージ?スモール?」
f0196649_041445.jpg夏富士が見えるくらい良い天候に恵まれた週末。朝の満潮の時間帯を狙って、毎週恒例の多摩川釣行をおこないました。

大潮の前日ということで、釣果を期待しましたが、そう上手くはいきませんね。
今回はトホホな結果となってしまいました。

ところが、水中撮影に挑戦すると意外な魚が姿を見せたのです。
f0196649_0415214.jpg
釣りを始める前にタックルを朝日にかざして爆釣祈願。
朝日をバックに撮影すると、どんなものでそれなりのものに見える気がします。
釣り下手な隊長のタックルだって、ほらこのとおり。なんだか爆釣しそうな気がしてきました。
自然の力って素晴らしい!!
しかし、日の出直後から川はアユ釣りを楽しむ人ですでに賑わっていました。
いくら幸運のタックルでも、この状況で良い結果を出すのは難しいかな。
f0196649_043432.jpg
こういう日を梅雨の晴れ間と呼ぶのでしょう。
日中あまりにも天気が良かったので、夕マズメも川に出撃しました。
ですが、またもや釣果は坊主。早朝の釣りのリベンジは果たせませんでした。



賑わう川
竿を振り始めると足下でキラキラと輝く小さな魚影に気がつきました。どんな魚が集まっているのか気になります。
そこで、川の中にカメラを沈めて撮影。写ったのは、予想よりも多くの小魚が集まる大きな群れでした。
f0196649_0432464.jpg
白波の立つ小さな落ち込みの中で見つけた小魚の群れ。
「オイカワ」の産卵に適していそうな川底でした。
生み付けられた卵を狙って、集まってきた魚たちなのかもしれません。


スモール?
せっかくなので動画撮影もおこないました。
すると、回りにいる魚たちとは明らかに模様の違う魚が・・・。
この魚、今年大繁殖が噂される「スモールマウスバス」に似ていませんか。
f0196649_0435051.jpg
写真奥が「ブラックバス」と思われる魚体。「ブラックバス」と一口に言っても「ラージマウスバス(オオクチバス)」と「スモールマウスバス(コクチバス)」の2種類がいます。

大物もいた!
場所を変えて観察を続けると「ソウギョ」に出会いました。
久しぶりに見る、1メータ超えの超大物。
f0196649_0431569.jpg
消波ブロックの隙間よりも大きな魚体。見ていて圧巻の一言です。

「アユ」は順調に成長しているようです。
日増しに大きくなっていくアユを見ていると、それを補食する大物たちのことが気になります。
そして、動画で撮影した「ブラックバス」の存在はそれ以上に気になるのです。
f0196649_0463762.jpg
当ブログでお馴染みの多摩川遊び名人が掛けた、20センチ強のアユ。
ヒレがピンと立った綺麗な魚体でした。
今頃は「ブラックバス」もナマズと同じようにアユを追っているのかな。

[PR]

by tamagawalk | 2010-07-12 00:49 | 多摩川日記
<< せたがや水辺の楽校 「9月遊びの日」 多摩川日記 「事件」 >>