東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「アユの川」
先日、多摩川で「アユの放流」の情報を耳にしました。
そういえば、もうすぐアユ釣り解禁です。

6月のアユ釣り解禁と言えば、3月の渓流解禁に次ぐ川遊びの大きな節目。
f0196649_0513950.jpg
アユの放流後、フナ釣りを楽しみながらアユのことを教えてくださった、多摩川遊び名人。
実は、隊長も放流の現場に立ち会わせていただく予定でした。しかし、当日はアクシデントで・・・。本当は、放流場所を勘違いしただけなのですが。


ということで、放流に漁協組合員として参加された当ブログでお馴染みの多摩川遊び名人に、当日の様子をうかがいました。

名人曰く、滋賀県の琵琶湖から直送されてきた、大きなゴミバケツ4杯分のアユを放流したそうです。
魚体は、大きなもので18センチくらいあったとか。
f0196649_052126.jpg
現在、我が家ではアユを飼育しています。カワイイでしょ。
水辺にできた水溜まりで保護しました。
大きさは6センチくらい。これぐらいの大きさだと、まだ金魚のエサや虫を食べてくれます。
最近は、流木についたコケを食(は)む姿も見られるようになってきました。
そろそろ別れの時かな。


大きなゴミバケツ4杯分のアユが、放流量としては多いのか少ないのか、よくわかりません。
ただ、近年増え続けている鵜の群れに襲われれば、あっという間に食べ尽くされてしまう量のようです。
f0196649_2594354.jpg
4月に堰でおこなわれる「アユの遡上調査」。
下流から上流に向かって堰で順番に調査していくようです。一つの堰での調査期間は約1週間程度だとか。
写真は去年の調査の様子。今年は、「マルタウグイ」の観察に夢中になりすぎて、遡上調査の見学をすっかり忘れてしまいました。


そのようなこともあってでしょうか。
中流域で釣れるアユのほとんどは、東京湾から天然遡上したものだとか。
今年の江戸前アユの遡上の状況はどうなのでしょう。
f0196649_0521546.jpg
放流の約一週間前におこなれた、川崎の漁協によるアユの試し釣り。その釣果はどうだったのでしょう。


遡上の状況がその年の釣果を左右するようなので、アユ釣りをやられる方は気にせずにいられないのではないでしょうか。
f0196649_0531042.jpg
暖かくなってきて小魚も増えてきたからでしょうか。近頃、消波ブロックの間に身を潜めるナマズの魚影を、よく見られるようになりました。(写真中央)
この手の魚影は、側にルアーを通しても全く反応してくれません。それどころか、驚いて逃げてしまいます。
「見える魚は釣れない」上手いことを言ったものです。


かくいう隊長も、この時期はルアーを使ったナマズ釣りを楽しむので、ナマズのエサとなる稚アユのことが気になります。

今年の「アユの川」多摩川は、どんな思い出を残してくれるでしょうか。
アユの解禁を前に、川での楽しみが増える毎日です。
[PR]

by tamagawalk | 2010-05-26 22:00 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「増水の後がチャンス!」 多摩川日記 「久しぶりの大物!」 >>