東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
昨日降った雨の影響を確かめるため、「マルタウグイ」の人工産卵床を作った瀬に足を運びました。
f0196649_23412024.jpg
今朝は曇りですが、少し蒸し暑く感じるモヤッとした空模様です。
朝8時の気温は、昨日の最高気温をすでに上回っていました。
これも雨の影響でしょうか。
うっすらと霧が立ちこめています。
普段は遠目で確認できる、多摩川遊び名人と手入れした人工産卵床を示す黄色い旗も、今日ばかりは確認することができません。
f0196649_23414724.jpg
瀬では、頭を水中に突っ込み川底を探るカモを数羽見かけました。
きっと、生み付けられた卵を食べに集まってきたのでしょう。
f0196649_2343284.jpg
もちろん、今日も瀬付きを観察できます。
雨の影響で水位は上がりました。
しかし、それが良かったのでしょう。
今年観察した中で最大級の瀬付きです。
f0196649_23415916.jpg
名人が人工産卵床を作って一週間以上たちましたが、今なおこの瀬での産卵は衰える様子はありません。
それどころか、足を運ぶたびに群れが大きくなっているような気がします。
恐るべし瀬もみ師匠。
この瀬を「名人の瀬」と呼ぶことにしましょう。
[PR]

by tamagawalk | 2010-04-06 23:35 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「久しぶりの大物!」 多摩川日記 「産卵床の掃除」 >>