東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
今日は、二子大橋から上流に向かって「マルタウグイ」の産卵に適していそうな瀬を観察していきましょう。

二子玉川近辺には、産卵観察が期待できる有力な場所が沢山あります。

特に、「兵庫島」の目の前と国道246号線上流「平瀬川」出合い付近は、瀬付きの実績が高い場所。
二子玉川に足を運ぶ時は、できるだけ立ち寄るようにしています。
f0196649_20594927.jpg
鳥が集まる場所に魚有り!なんて期待に胸を弾ませ鳥の動き観察してみましたが、二子玉川付近には着地せず遠くに飛んでいってしまいました。

この辺りでも瀬付きは始まっているはずなんですけどね。
残念ですが、今日もそれらしき「マルタウグイ」の群れを確認することは、まだできません。

気を取り直してさらに上流を目指します。
f0196649_210527.jpg
次に目指すのは、「せたがや水辺の楽校」ガサガサ遊び開催場所。

今年は、新しい遊び場探しに熱心になっていたので、久しぶりに足を運びます。
到着して護岸から遠くを見渡すと、なんだか見慣れない風景・・・。
f0196649_2101464.jpg
気になるので側まで近寄ってみます。
目に飛び込んできたのは、クランク状に打ち付けられた杭と張られたロープ、そして、黄色い旗。

しかも、なんだか川が騒がしい。
f0196649_2102520.jpg
おっ!お〜!!
「マルタウグイ」の大きな群れが瀬付をしているではないですか!

この場所で瀬付きを観察するのは3年ぶり。
いや、4年ぶりかもしれません。

毎年、川底の地形が大きく変化するこの付近。
特に、ここ1〜2年の変化は凄まじく悪くなる一方でした。
もうこの場所で瀬付きを観察はできないと思って諦めていたのですが・・・。

なんだか、あの黄色い旗の付近の川底に秘密がありそうです。

その秘密、次回の投稿で隊長が解き明かしてあげましょう!!

まあ、川遊び好きのみなさんなら、わざわざ隊長が説明しなくても、だいたい察しが付いているかと思いますが。
f0196649_2103413.jpg
川原や水辺は、すっかり春色に染まりましたね。
今日の観察の開始地点「兵庫島」。
その、二子玉川の街よりに流れる多摩川支流「野川」では、早朝から春休み入った学生たちが、大物の「マコイ」を釣り上げ盛り上がったいました。

なんとも、羨ましい光景です。
出勤するのが億劫に・・・、これ以上語るのは止めておきます。
大隊長に・・・。

では、また明日の投稿で。
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-31 20:56 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「瀬もみとマルタウ... 多摩川観察 「2010年 マル... >>