東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川観察 「2010年 マルタウグイ観察」
肌寒い日が続きますね。
今日の多摩川は、澄んだ空気に包まれて遠くの山が良く見えます。
f0196649_121926.jpg
久しぶりに見る富士山。
そして、手前には雪をかぶった裏丹沢。
f0196649_123149.jpg
北風が強いので、高台からの観察はイマイチ。
「マルタウグイ」のオレンジ色の縦状が、波にかき消され見え隠れ。

水位はかなり下がりました。
f0196649_123967.jpg
足を運んだ水辺では、案の定、干からびた「マルタウグイ」の卵を発見。
1つ見つければ、その回りには同じように干からびた卵を、たくさん見つけることができます。

自然界の厳しさが伝わってくる光景ですが、なんだか感慨深いですね。

今日は、満月の大潮なので瀬付きに出会えるのを楽しみに足を運びましたが、残念ながら観察することはできませんでした。
引き潮で、潮回りの悪い時間だっただからでしょうか。
f0196649_124923.jpg
群れは確認できたんですけどね、産卵とはちょっと魚の動きが違います。
「コイ」や「ニゴイ」も群れに混じって、何やら川底を突っついているようです。
「マルタウグイ」も同じような行動をとってます。
きっと、これは生み付けた卵を食べるために集まってきた群れでしょう。

こんなとき、ルアーを上手く流し込むと爆釣モードに突入できるので楽しみたいところでしたが、あまりの寒さに撤収としました。

■観察データ
気温6度
水温11度
風向き:北
風速:++(やや強め)
大潮(観察時:引き潮)
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-30 23:00
<< 多摩川日記 「2010年 マル... 多摩川日記 「春の山菜探し」 >>