東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「春の山菜探し」
先日、「ツクシ」に関するコメントをいただきました。
昨年も今と同じくらいの時期に、チビ隊員たちと探しに行ったのを思い出します。

今年は「マルタウグイ」観察に夢中になるがあまり、春の植物観察をすっかり忘れていました。
せっかく思い出すきっかけをいただいたので、多摩川で「ツクシ」を探してみることにしましょう。

探す場所は、二ヶ領宿河原堰下の左岸、草木が生い茂る原っぱ。
一昨年、この場所で群生する「ツクシ」を発見して以来、毎年観察に足を運ぶ場所。
f0196649_01673.jpg
「マルタウグイ」観察をしながら堰下に向かいます。
今日も瀬付き、待機マルタを確認できます。
f0196649_0161473.jpg
久しぶりに「カワセミ」も、写真に収めることがきました。
f0196649_0152196.jpg
さて、土手のサイクリングロードで自転車を走らせること15分、目的地、堰下に到着。
f0196649_0153858.jpg
久しぶりに、足を運んだので、堰、魚道、化石島、ナメの瀬を観察。
f0196649_0162795.jpg
そして、目的の「ツクシ」も発見できました。

このあたりは、食べられる野草も多いようですね。
摘んだ野草で、いっぱいになった袋を抱えた人と、たまにすれ違います。

そういえば「ツクシ」も春の山菜として食用されるようですね。

というわけで、今年は「ツクシ」を摘んで持ち帰り、調理してみることにします。

春の味覚「つくし」、その味はいかに。
調理法と味は「tamagawalk.cooking」でお伝えしますね。
f0196649_0165374.jpg
水辺では、上流から運ばれてくる「サクラ」の花びらを見られるようになりました。
寒の戻りで寒い日が続きますが、ポカポカと暖かい春の到来はもう目の前まで迫ってきているはずです。
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-28 22:13 | 多摩川日記
<< 多摩川観察 「2010年 マル... 多摩川日記 「2010年 マル... >>