東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
空模様はイマイチですが、釣り竿片手に多摩川へ。
f0196649_1563037.jpg
昨日に比べると水位はかなり低くなりました。

水辺をあちこち歩き回ると、川からバシャバシャという音が聞こえてきます。
せっかく持ってきた釣り竿ですが、こんな音を耳にしてしまったので、今日の出番はなさそうです。

それでは、気になるバシャバシャを観察してみましょう。
f0196649_155354.jpg
メスをオスが取り囲みながら移動。
f0196649_1571250.jpg
「生まれる〜!!」そんな声が聞こえてきそうな、一枚を撮影することができました。
f0196649_1552720.jpg
川底の石を持ち上げると、あちこちで産み落とされた卵も観察することができます。
粘着性の卵がしっかりと石に貼り付いていますね。
魚体の婚姻色に見られるオレンジの縦状もそうですが、卵も半透明で綺麗な色をしています。
f0196649_155388.jpg
今年もやっと「マルタウグイ」の瀬付きに出会うことができました。

偶然でしょうか、今日は満月大潮の翌朝。
前日の朝は、増水のせいもあってか、同じ場所で瀬付きは見られなかったんですけどね。

これだけ、タイミングがいいと、月、潮、そして産卵の関係がますます気になります。
この場所での瀬付き、いつまで観察できるのでしょうか。
今後もこの瀬を見守り続けていこうかな。
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-17 15:03 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「2010年 マル... 多摩川日記 「2010年 マル... >>