東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
3日連続で「マルタウグイ」との対面に恵まれた先週末。
f0196649_14552097.jpg
最近、ネットでも多摩川の「マルタウグイ」情報をよく目にするようになりました。
今日の空模様は、良さそうです。
瀬付き観察に適した場所は、釣り人で賑わいそうですね。
f0196649_1456628.jpg
ということで、釣り竿をリュックにしまい、川散策をすることに。
f0196649_14561577.jpg
かつては、瀬付き観察の1級ポイント、現在はフライ練習場となった東名高速下流。
今日も竿を振る人たちで賑わってます。
ここ数年、このあたりで観察を楽しむ家族連れの姿を目にすることは、めっきり無くなりました。
f0196649_14564295.jpg
産卵に良さそうな瀬を何カ所か眺めてみましたが、瀬付きにはなかなか出会えません。

産卵が見られる瀬、見られない瀬、見た目はそれほど変わらないんですけどね。
天候や潮の他に、川底、流れ、水位、水温など、ちょっとした違いが瀬付きの条件に関係していると思います。
しかし、そのちょっとした違いがなかなか解らないんですよね。
f0196649_1456521.jpg
さて、散策中原っぱで「ジュズダマ」を発見。
こちらもなかなか出会えないんですよね。
工作にもってこいのこの植物。
名前のとおり糸を通し、数珠のようなアクセサリーを作って楽しむことができます。

チビ隊員へのおみあげに、茶色い実を拝借。
結局、この後も「ジュズダマ」探しにすっかり夢中になり、午前中の散策はここで終了となりました。
今日も新たな多摩川の魅力に出会えてよかった〜。
f0196649_14565965.jpg
午後、チビ隊員と釣りを楽しみに、再び川へ。
なかなか、顔を見せてくれない「マルタウグイ」に愛想を尽かせたチビ隊員。
大根のような植物を見つけて、お飯事を楽しんでました。
次回はこの植物を調理するとか、しないとか。
チビ隊員にとっては、これも多摩川の新たな魅力ですかね。
「マルタウグイ」には出会えませんでしたが、充実の川散策を楽しんだ一日でした。
f0196649_1457738.jpg
散策中に出会った、のんびりと甲羅干しする「カメ」。
観察していると「静かに休ませてくれよ〜」という生き物たちの声が聞こえてきそうです。
「マルタウグイ」が下流へ降りる季節まで、川の賑わいは続きそうですね。
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-14 23:00 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「2010年 マル... 多摩川日記 「2010年 マル... >>