東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2010年 マルタウグイ観察」
今朝、「マルタウグイ」と今年初のご対面を果たしました。
f0196649_21303122.jpg
ここ数日の空模様と打って変わって、晴天に恵まれた早朝。
f0196649_2131036.jpg
雪富士の手前に見える、裏丹沢の山々が雪化粧しています。
f0196649_21332429.jpg
川の水位は、相変わらず高いですね。
今日も、濁りが残っているので観察は無理そうです。
f0196649_21323642.jpg
せっかく足を運んだので、何か楽しみたいですね。
ということで、持ち歩いているパックロッドを組み立て、良さそうな釣り場を求め散策することにしました。
f0196649_21311371.jpg
土の多い散策路には、長い霜柱。
f0196649_21314912.jpg
コンクリートでできた階段が霜で、キラキラと輝いてます。
f0196649_2131581.jpg
原っぱには、氷も張ってますね。
f0196649_21321539.jpg
河川敷のグラウンドは、樹氷で覆われていました。
f0196649_21344122.jpg
南アルプスも望めます。
右岸側には、すでに釣りを楽しまれている方がいらっしゃいますね。

こちらも、30分間限定で釣行開始。

濁りの強い平瀬の上流にキャスト。ルアーで川底を感じながら自然に下流まで流し、ドラッグがかかり始めたとこころで上流方向に竿をたおし、U字ターンを絵描くようにルアーを寄せてきます。10投ほどしたところで、クンクンというアタリ。
スレを避けるため少し送り込み、向こう合わせを誘います。
f0196649_21353553.jpg
顔を覗かせてくれたのは、しっかりとルアーを咥えた「マルタウグイ」。
f0196649_21363435.jpg
全体的にくすんだオリーブ色の綺麗な魚体の一匹。
鼻先が二つに割れた印象的な形をしています。
追い星もたっぷり。
f0196649_21381699.jpg
ヒレも美人さんです。

釣り上げた今年初めての一匹がスレで無いので、さい先良いですね。
f0196649_21382652.jpg
しかし、寒い!
竿を握る手が、かじかんできます。まだまだ、手袋が必要ですね。

釣行時間は午前7時。
気温6度、水温12度。風は弱い北風。
「寒の戻り」より「真冬」の呼びかたが似合う、春の一日でした。

■タックル紹介
ロッド:シマノスコーピオン2600-4F
リール:バイオマスター2500
ライン:PE1号(16ポンド)
ショックリーダー:ナイロンまたはフロロ4号(16ポンド)
ヒットルアー:コータック山女魚
[PR]

by tamagawalk | 2010-03-11 21:39 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「2010 マルタ... 多摩川日記 「2010年 マル... >>