東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「マルタウグイの季節」
先日、ブログリンクさせていただいている「マルタの日記」で興味深い記事を拝見しました。
それは、「マルタウグイ」の釣果。

マルタウグイ遡上の季節が近づいてきたので、散歩する時は偏光グラスを装着し、川を注意深く観察していたんですけどね。
もう、二ヶ領宿河原堰まで遡上していたとは。

上がったときの状況はスレだったようですが、さすが!!の一言です。
伊達にマルタウグイの看板は背負っていませんね。

待ちに待った季節が来たことを実感できるニュースに胸が躍ります。

そんな情報を見せつけられてしまっては、いてもたってもいられませんね。
f0196649_12301863.jpg
というこどで、まだ寒さ感じる早朝、片手にタックル、もう片手には入漁券購入資金を握りしめ、多摩川へ向かいました。
f0196649_12303950.jpg
到着した本流の水面から、朝霧が立ち上っています。

「マルタウグイ」の遡上は始まっているんですけどね。
こんな光景を目にすると、春はまだまだ先のように感じます。

さて、気になる釣果といいますと・・・、
f0196649_123049100.jpg
開始直後すぐにアタリ。
グン!グン!グン!とロッドが絞り込まれます。
感触からすぐに「ナマズ」だとわかりました。

流れの早い流心の向こう側でヒット。
慎重にやりとりをして寄せてきます。
しかし、最後の最後で取り込みに失敗!
フィッシュグリップを掛け損ねる痛恨のミス。

結果バラシてしまったわけです。

よくよく考えると、そのまま浅場にあげられたんですよね。
久々の大物にフィッシュグリップを掛けたかった。
そんな欲が招いた最悪の結果。

常に平常心でいなくてはいけませんね。

しかし、ラインとロッドをとおして久しぶりに体に伝わるあの独特な引き。
それを体験できただけでも、ラッキーだったのかもしれません。

まあ、結果は坊主ですけどね。
f0196649_1231670.jpg
春の訪れが楽しみに思えた、早朝の多摩川での釣行でした。

今後、こんな投稿が増えそうですね。

こんな投稿って、釣りの?それとも坊主の?
後者ですかね。
[PR]

by tamagawalk | 2010-02-25 12:33 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「2010年 マル... 多摩川日記 「冬から春、そして... >>