東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「2010 どんど焼き」
今年も、多摩川で開催される、1月恒例の行事「どんど焼き」に参加してきました。

「どんどん焼き」とは、正月飾りを炊き上げ運気を占ったり無病息災を祈願する、小正月の行事。
名前に「焼く」とつくことからもわかるように、火や炎が重要な役割を持つ火祭りです。
「左義長祭」とも呼ばれているとか。
全国でおこなわれる行事のようですが、地域によって祭りの言い伝えやしきたりは異なるみたいですね。
f0196649_1804845.jpg
多摩川の「どんど焼き」の会場は二子玉川緑地。
今年も、長い竹と多摩川産の茅で作った円錐状の小屋の前に、大勢の参加者が集つまりました。
毎年、参加者は増えているようなので、いつか世田谷区を代表する、大イベントになるかもしれませんね。
f0196649_1819100.jpg
空に向かってそびえ立つ、十数メートルはあると思われる小屋の姿。
何度見ても、その高さには驚かされます。
f0196649_1812924.jpg
小屋のてっぺんには、ダルマが数体。どうやってぶら下げるのでしょうか。
来年は小屋作りを見学してみたいものです。
f0196649_1814966.jpg
天気が良いせいか、子どもたちも犬もなんだか楽しそう。
昨年も、富士山が見える良い天気だったんだよな〜。
楽しそうな子どもたちの姿に目を奪われ、気づいた時には小屋から煙が立ちのぼっていました。
f0196649_1821749.jpg
小屋が最後まで建っていると縁起がいいらしいのですが・・・、今年は意外と崩れるのが速かった・・・。
ちなみに途中で崩れると、崩れた方角が今年の縁起の良くない方角のになるようです。
f0196649_182346.jpg
行事は、小屋が崩れた後もまだ続きます。
竹の棒の先にお餅を付けて・・・
f0196649_1824835.jpg
小屋の焼き後の灰で、餅焼き。
f0196649_183049.jpg
このお餅を食べて、無病息災を祈願します。
見た目は、あまり美味しそうに焼けていませんが、これを食べれば不老不死に・・・、なれないか・・・。
お餅を食べて、これで行事は一通り終了。
よ〜し!!これで、今年も元気に過ごせるぞ〜!
f0196649_1841165.jpg
今年は、テレビ局も数社取材に来ていました。
これで、多摩川の「どんど焼き」も全国区かな。
f0196649_1842599.jpg
そうそう、開催地のすぐ側にある「せたがや水辺の楽校原っぱ」では、地域のボランティア「きぬたまあそび村」による凧作りも楽しめますよ。
小さなお子さんがいらっしゃるご家族には、オススメです。
f0196649_1844037.jpg
今年も最後まで天気に恵まれ、犬もアクビをするほどのどかな祭り日和となりました。
[PR]

by tamagawalk | 2010-01-17 17:56 | 多摩川日記
<< 多摩川親子探険記 「2010年... 多摩川日記 「凍る多摩川」 >>