東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「しし座流星群観察」
10月の「オリオン流星群」観察に続く、多摩川天体観測ー第4弾ー。
今回、観察に挑戦したのは「しし座流星群」。

何年前だったでしょうか、町中でいくつもの流れ星を見ました。
そのときの流れ星が、この「しし座流星群」。
「流星群」を知るきっかけとなった、思い出深い天体ショーです。
f0196649_22163150.jpg
今回の観察場所は、我が多摩川遊びの聖地「板チョコ護岸、ガサガサポイント」。
夜には、二子玉川の綺麗な街明かりを遠くに見られる眺めのいい場所。
f0196649_2216447.jpg
しかし、晩秋の夜は冷えますね。
この夜は、特に寒かったからでしょうか、水面に「朝霧」を見ることができました。
なんとも幻想的な現象に、目的だった流星観察を忘れ見とれてしまいます。
f0196649_22165262.jpg
まずは観察グッズの準備から、天体観察の必需品、星座早見表に方位磁石、デジカメに三脚。

ちなみに、デジカメはリコーのGX200。
コンパクトデジタルカメラの中では、マニュアル機能が充実した一台。

根っからの天体ファンは、一眼レフを愛用されますね。
一眼レフ・・・、あちこち動き回る管理人には、大きすぎてお荷物です。
しかも高価なので壊れたらショックですし、財布にも・・・。
管理人には似合わない!!(強がってみました)

でも、本当にGX200は優秀なんですよ。(けっして、製造会社のまわし者ではありませんよ)
f0196649_22165995.jpg
今回の放射点(流れ星が四方、八方に飛ぶ起点)は、しし座の一等星レグリスの上方向。

「しし座流星群」の流星の数は、他の流星群に比べ多くないようです。
それでも、天文ファンに人気の秘密は、流れ星の明るさにあるとか。

一番の見頃は18日早朝。
当日は、天気に恵まれず観察のチャンスを逃しました。
それから、2日たちましたが、ピカいちの明るさを誇る流星群というなので、期待は◎。

早起きして早朝4時30分に観察場所に到着しました。
しかし、「朝霧」に見とれてしまったせいで、気づけば5時。
f0196649_22171054.jpg
朝焼けが訪れる前に、カメラをセッティングしてテスト、そして、しし座を探して撮影しなくては・・・、焦ります。

カメラの設定は、天体専門サイト「アストロアーツ」を参考にしました。
ISO:800〜1600/F値:2.6/シャッタースピード:15〜30秒/∞フォーカス
まずはオリオン座をテスト撮影。
結果は肉眼で確認できない星も、浮かび上がって写すことができました。(上の写真参照)
f0196649_22171884.jpg
東の空が、明るくなってきたので、慌てて「しし座」を探しますが、なかなか見つけることができません。

オリオン座、ふたご座、冬の大三角、そして、北斗七星を目印に、なんとか見つけて撮影を開始。

まあ、結果からお話しますと・・・、大失敗です。

原因は、カメラの設定違い。
テスト撮影した画像をデジカメの小型モニターでチェック、全体的に明るく感じたのでカメラの設定を変更してしまったのが良くなかったようです。

肉眼での観察も、しし座の位置が頭の真上にあるためうまくいきません。
長い間、空を見上げていると持病の首痛が痛くなってしまいます。
f0196649_22172893.jpg
まあ、無理をせずここは気分を切り替えて、朝焼けと朝霧観察をすることにしました。
気温の影響でしょうか、カメラのレンズが曇って、紗のかかったぼんやりとした写真が撮影できます。
これはこれで、朝霧の幻想的な雰囲気がよく伝わるような気がします。
f0196649_22174452.jpg
こちらは日の出の様子。
f0196649_22175355.jpg
水面が朝日に照らされ、朝霧をしっかりと見られます。
なんとも、言葉にならないくらい、幻想的な風景です。
f0196649_221863.jpg
足もとには「樹霜」も見られます。
f0196649_22181442.jpg
どうりで寒いわけですね。
犬の散歩で板チョコ護岸に立ち寄った多摩川遊び名人に、今年の初霜だと教えていただきました。
f0196649_22182530.jpg
流星を見ることはできませんでしたが、「朝霧」「朝焼け」「樹霜」を見られた、最高の朝をむかえることができました。
f0196649_22183127.jpg
そして、朝焼けに照らされた富士山と紅葉した川辺が、晩秋の訪れを教えてくれている、そんな多摩川の朝をであります。

12月は「ふたご座流星群」観察のチャンスがあります。
次回は、チビ隊員たちや多摩友たちと一緒に観察を楽しみたいものです。
[PR]

by tamagawalk | 2009-11-20 22:22 | 多摩川日記
<< 多摩川のイベント 「第35回ラ... tamagawalk.tv 「... >>