東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「台風18号」
ついに、超大型の台風18号が本州に上陸。
7日から8日未明、暴風域に入った関東地方でも、猛威を振るいましたね。

幸い東京には直撃こそしませんでしたが、深夜、雨風の音に眠れなった方も多いのでは。
かく言う、管理人も多摩川の水位が気になり、眠れぬ夜を過ごすことに・・・(泣)。

住むそばに川があると、水位が気になります。
ということで、8日の朝、寝不足でフラフラする体にムチ打って、雨の上がった多摩川へ偵察に行ってみました。
f0196649_19131838.jpg
東名高速下流、多摩川に流れ込む水路に到着。
普段は、ちょろちょろとした流れの水路なのですが・・・。
多摩川本流も見るからに水位が上がっていることがわかります。
f0196649_19482488.jpg
下流、二子玉川側の景色。
高くなった水位が、さらによくわかりますね。
もう少し近くで確認するため、「せたがや水辺の楽校」ガサガサポイント、板チョコ護岸へ。
f0196649_1948543.jpg
増水対策でしょうか。
仮設トイレや倉庫が、設置されていたグラウンドから土手の高い位置へ移動されてます。

さて、多摩川は・・・
f0196649_1949675.jpg
いつも、子どもたちと楽しく遊んでいる板チョコ護岸。
水位もそうですが、見ていると恐怖を感じる黄土色の濁流。

外来種が多い多摩川を皮肉で、「タマゾン川」なんて言ったりします。
これで、生き物だけでなく、見た目も「タマゾン川」らしくなってしまいました。

左岸、東京側には、ブルーテントが何軒か建ち並んでいたはずなのですが。
住人たちは、避難したのでしょうか。

もう一歩踏み出して、板チョコ護岸上に。
f0196649_19491839.jpg
心配する家族に、「多摩川は俺が守る!」と冗談を言い放ち、川へやってきました。
立っているのがやっとの強風が吹くからでしょうか。
増水する川を目前に、守るどころか腰が引けて、護岸への一歩がなかなか踏み出せません。

写真右中央に見える木、ブログを見ていただいてる方や「せたがや水辺の楽校」に参加された方は、見覚えがあると思います。
「せたがや水辺の楽校」ガサガサポイントにある柳の木。
水面に見える木の先が、水位の高さを教えてくれます。
f0196649_19493869.jpg
こちらは、川へ下りるときに使用する階段。
f0196649_19495837.jpg
人の気配に敏感なカラスですが、強い風に飛ぶことをあきらめたのでしょうか、それとも、増水した川に気をとられているのか。
近づいても逃げだしません。
f0196649_19502276.jpg
こちらは、土手で見た、不思議な光景。

どうやら、ブルーテントの住人が避難に使っていたようなのですが・・・。
最近のブルーテントの住人は、色々な便利グッズを持っているようですね。
f0196649_19525641.jpg
葉やゴミの散らばる道路を渡る、弱った「ハラブトカマキリ」。
生き物たちも大変だったんだろうな〜。

水位が下がると、川辺に水たまりができます。
そこでは、取り残された川の生き物たちに出会うことも。
台風がさって一安心と言いたいところですが、川の生き物たちにとっては、まだまだ気の許せない日々が続きそうですね。
川辺で取り残された生き物に出会ったら、助けて上げたいですね。
f0196649_19571023.jpg
今回の増水で、2007年9月に起きた増水を思い出しました。写真は、当時の様子。
場所は、1枚目の写真と同じ東名高速下流の水路。
写真を見比べていただければ、当時の増水の凄まじさがご想像いただけると思います。
f0196649_19532486.jpg
この時は、二子玉川駅付近で床下浸水が起こったんですよね。
支流の野川、仙川は氾濫。
近隣の地域に大きなダメージを与えたのを覚えています。
f0196649_19545622.jpg
こちらは、今回の増水。
上の写真と同じ位置を撮影した写真。
f0196649_19551263.jpg
風に飛ばされてきた「コウモリ」。
近くで見ることはなかなかないですよね。
「コウモリ」くんには気の毒ですが、ゆっくりと観察しました。
f0196649_19523277.jpg
台風や大雨は、普段観察できない生き物との出会いのチャンスだったりもします。

新たな出会いが待っていそうな予感ですかね。
週末が待ち遠しい。
連休の川はどんな表情を見せてくれるかな。
[PR]

by tamagawalk | 2009-10-08 23:13 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「台風一過」 せたがや水辺の楽校 「10月 ... >>