東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「追いかけっこ」
川に遊びに行くと、釣り人によく出会います。
みなさん狙う魚や釣り方は違いますが、それぞれ工夫して楽しまれていますね。
その中でも、色々な魚種に対応できる釣りが「ルアーフィッシング」。
中流域の代表的な対象魚は、「ナマズ」「マゴイ」「ニゴイ」「ウグイ」「マルタウグイ」「スズキ」。

そして、ごくまれに釣れるらしいのが、上流の管理釣り場から落ちてきた「ニジマス」、海からやって来た「ボラ」、外来種の「ライギョ」「ブラックバス」「スモールマウスバス」「ガーパイク」「アメリカオオナマズ」。

管理人も下手な横好きではありますが、多摩川でルアーフィッシングを楽しむ一人。
早朝、のんびりルアーを引いていると、魚以外の生き物も顔を見せ楽しませてくれます。

今回は、そんな生き物をご紹介します。
f0196649_0161453.jpg
根掛かりと思い、水中を覗き込むと姿を見せたのは「モクズガニ」。
ルアーをガッチリと抱え込み放しません。
その力は、時にタコ糸をちぎってしまうほど。
f0196649_0162566.jpg
コチラは、ペットショップで「ミドリガメ」として売られている「ミシシッピーアカミミガメ」。
今にも、ルアーに食いつきそうな勢いで、懸命に追ってきます。
小魚と勘違いしているのでしょうか。
針に掛かってしまったら取りはずのが大変そうですね。

カニもカメが追ったルアーは「スピナーベイト」。
このルアー、マルタウグイさんに教えていただいた、ナマズもよく釣れる優れもの。

こんな、変わった光景が見られてる「多摩川ルアーフィッシング」。
ご興味のある方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。
ただし、ルアーを投げる時は、事故を起こさないよう後方や回りに注意して楽しみましょうね。

管理人は腕を磨いて、今度は魚くんにルアーを追わせたいものです。
[PR]

by tamagawalk | 2009-08-01 23:58 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「夏マルタウグイ」 多摩川日記 「小さなジャンパー」 >>