東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川親子探検記 「ナマズday」
多摩川は、相変わらず梅雨空。
先週末の夏日が、嘘のようですね。
というわけで、その夏日に多摩川で遊んだ話題を。
f0196649_19585932.jpg
最近は、週末朝早めに釣りをしているので、5時に多摩川へ。
いい天気の日に見る朝焼けは、清々しい気分になります。
まずは、川観察をしながら釣り場を探してうろうろ。
f0196649_19591466.jpg
岸際の浅瀬では、「アユ」が群れで石に付いたコケを食べています。
こんな光景をみていると、釣りでの生き物のとの出会いに期待してしまいます。

期待通り、何度かアタリはあるものの、なかなかルアーを咥えてくれません。
こんな時は、多摩川でたまにお会いする、ブログ「マルタの日記」管理人マルタウグイさんの釣行を参考にスピナーベイトで狙ってみることに・・・。
水中の地形を想像しながらルアーを引きます。
すると、いいアタリが。
f0196649_19592934.jpg
顔を見せてくれたのは、綺麗な魚体の「ナマズ」くん。
フィッシュグリップの計りで重さ約1.8キログラム。
f0196649_19594025.jpg
大きさは、メジャーを忘れてしまったので測定できませんでした。
「ナマズ」くんにちょっとだけ我慢してもらって、地面が塗れている場所で釣り雑誌風に記念撮影。
自作のアシストフックで釣れるとさらに嬉しいですね。
釣り雑誌風に撮影したので、さらに釣り雑誌風にする為にタックル紹介します。
釣り好きの方もちょっとは楽しんでいただけるのでは。
ロッド:ジャクソン・ブリストール・806L・5ピース
リール:シマノ・バイオマスター・2500
ライン:サンライン・キャストアウェイPE・1号
リーダー:サンライン・ショックリーダー・16ポンド
ラインとリーダーの結束:SFノット改
ヒットルアー:スミス・ウィードマスター・8/16oz改・トレーラーフックに自作アシストフック使用/マリア・フェイクベイツ90S/ダイワ・シルバークリーク・スプーン7g
f0196649_19595185.jpg
川に戻すと石の間に身を寄せてゆっくりお休みしているようです。
ここでカメラの充電が切れてしまいましたが、この後2匹の「ナマズ」と出会い、多摩川を後にしました。
この日は、早朝よりも日が少し高くなってからアタリが多くなりました。
エサとなる小魚がたくさん回遊していたからでしょうか、夜行性の魚も日中活発な釣り日和だったようです。
きっと運がよかったんですね。次回の釣行も楽しみです。
f0196649_2001568.jpg
そして、再び多摩川へやって来ました。
今度は、我がチビ隊員たち、そしてhidezoさん親子と久しぶりのガサガサ。
hidezoさん親子お気に入りの場所へ、hidezo隊長を先頭に向かいます。
f0196649_20231856.jpg
道中、数匹「ジャコウアゲハ」と出会います。
都内では希少な生き物。
我が家で保護しているサナギはまだ羽化しませんが大丈夫なのでしょうか・・・心配です。
f0196649_20232981.jpg
さて、ガサガサポイントに到着。
避暑地のようなとてもいい雰囲気の場所。
本流の伏流水と水路から流れのが合わさってできている小川。
浅いので本流よりも安心して遊ぶことができそうです。
f0196649_20235238.jpg
で、さっそくガサガサ。
チームワークよくガサガサすれば、生き物との出会いも増えます。
hidezo隊長を中心にガサガサ、ガサガサ。
f0196649_2024557.jpg
「ウキゴリ」「ドジョウ」「シマドジョウ」「モロコの幼魚」「ミナミヌマエビ」に「ハグロトンボのヤゴ」などの水生昆虫。
ガサガサするたびに出会える、さまざまな生き物たち。
f0196649_20251180.jpg
このあたりではあまり出会えることのできない「アメリカザリガニ」まで。
大きいものから孵化したての小さなものまでたくさんのいるようです。
f0196649_20252692.jpg
こちらは、子持ち「ミナミヌマエビ」のお腹。
f0196649_20253632.jpg
ちょっと一休み。
流木に小川の流れ、青空、そして元気に遊ぶ子どもたちの姿。
癒されます。
f0196649_20255656.jpg
石遊びをする子どもたち。
f0196649_2026671.jpg
創作意欲に火が付いたのか、ガサガサを忘れて夢中に何やら作り続けてます。
f0196649_20262039.jpg
「ハグロトンボ」。
「ジャコウアゲハ」同様、都内で見られる希少な生き物です。
f0196649_20262982.jpg
「アオスジアゲハ」。
黒い羽に、キラキラとひときわ目立つ水色模様が綺麗ですね。
管理人、一番お気に入りのチョウチョです。
f0196649_2026422.jpg
本日、出会えた一番嬉しいやつ。
「ナマズ」の幼魚。
泥に混じって採れたので、「オタマジャクシ」と見間違えてしまいました。
f0196649_20265063.jpg
まだ、ヒゲが3対、計6本のが解りますか?
もう少し大きくなると2対、計4本になるんですね。
f0196649_2027377.jpg
超かわいいです。
成魚の表情も愛嬌がありますが、幼魚もいいですね。
今、我が家で飼育・観察中です。
「アカムシ」元気よく食べてます。
近いうちに、改めて「ナマズ」の生態について投稿しますね。
f0196649_20271596.jpg
天気もよく、久しぶりに充実のガサガサとなりました。
次回も、たくさんの生き物に出会えるといいね〜。
hidezoさん、遊び場への先導ありがとうございました。
そして、隊員たちの面倒まで見ていただいてしまって・・・、感謝×2です。

で、本日はこれだけに終わらず、夜の約束をして一時撤収。
夜の話題は次の投稿で。
[PR]

by tamagawalk | 2009-07-02 01:03 | 多摩川親子探険記
<< 多摩川イベント 「星に願いを」 多摩川日記 「梅雨、命漲る多摩川」 >>