東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「坊主でも・・・」
毎週楽しみな、多摩川釣行。
遂に関東地方も梅雨入り。
空模様が心配ですが、多少の雨でも釣りは楽しめるので、とりあず多摩川へ。
f0196649_23234512.jpg
季節的なものなのか、最近は空を見上げると変わった形の雲を見る事が多くなりました。
太陽に照らされた雲が、波立つ川に見えてきます。
f0196649_23244940.jpg
最近、お気に入りのヒットルアー、スピナーベイト。
子どもたちとプチ改造してみたので動きのテストも兼ねた釣行です。

ルアーコネクターを使って接続できるように、アイ部分を一工夫。
そして、トレーラーフックとしてアシストフックを装着。
元のフックにはゴム管を被せて、一応安全対策。
因みに、アシストフックは子どもがセイゴバリかチヌバリ、フライ用バッキングライン、手芸糸で作った自作フック。
200円で10本以上作くれるので財布に優しんです。
もちろん針は、返しを潰して削ってあります。
ルアーも某有名釣り具中古専門店で新品を定価の半値位で購入してます。

購入した、ルアーは全部このフックに交換。
ルアーのバランスは多少崩れますがあまり気にしてません。
それよりも、作った満足感と自作針で釣れた時の喜びが楽しみ。
f0196649_2325138.jpg
板チョコ護岸下流から釣り上がります。
上流側から釣り下がってくる釣り人。
なんと、「マルタの日記」管理人、マルタウグイさん。
最近、遊び場でお会いする事が多く、興味深いお話をお伺いする事ができるので、楽しくなってついつい話に熱が入ってします。

いつも、貴重な釣行時間をさいて話にお付き合いしていただきありがとうございます。
f0196649_23254381.jpg
消波ブロックの間で、弱った「オイカワ」のオスを発見。
釣りは一休みして観察。
婚姻色がでてるようで、ヒレが多少赤味がかってるようです。
「オイカワ」のほかにも、「ナマズ」くんに「マルタウグイ」を観察する事ができます。
f0196649_23261113.jpg
一通り護岸を探った後、場所移動。
途中、多摩川を歩く団体を目にしました。
二子玉川、兵庫島付近から上流に向かって歩くイベントのようです。
多摩川では、毎週、場所を変えていろいろなイベントが開催されています。
イベント参加も多摩川遊びの一つですね。
f0196649_23262191.jpg
さて、釣果というと。
胸を張って坊主!(泣)
魚は、釣れなかったけどゴミはこんなに拾いました。
(なんか、こんなフレーズを使ったコマーシャルがありましたね)
拾ったというか、ルアーに引っかかってきました。
「アユ」釣りのコロガシ仕掛けですね。
しかも、藻付き。
藻が着いてくるとは、川の中の状態はあまりよくなさそうですね。
しかし、水中に取り残されたコロガシ、危険ですね。
返しは無いとはいえ、針先は鋭いですから、刺さってバイ菌が入ったら大変です。
子どもと川遊びを楽しまれる方は気を付けて下さいね。
f0196649_23372058.jpg
翌日は、1時間ほど久しぶりに子どもたちと釣りを楽しみました。

魚は目の前に居るんですけどね・・・。
見える魚は釣れないなんてよく言いますが、釣れる人は釣れるんですよね。
腕が悪い・・・。

でも、やっぱり川遊びに飽きる事はありません。
また、週末が楽しみ。
[PR]

by tamagawalk | 2009-06-13 23:22 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「梅雨、命漲る多摩川」 多摩川日記 「いつまで・・・、... >>