東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「いつまで・・・、マルタウグイ」
6月7日(日)、6月最初の大潮。
しかも、翌日は満月。
f0196649_2303464.jpg
天気は上々。
大潮もあってか、何かに出会えそうな期待をしてしまいますね。

しかし、前日に続き体調不良なのが残念。
でも、やっぱり多摩川には来てしまいました。

元気を出すために川に向かって大声で「元気ですか〜!!」なんて叫んでみたいですが、元気じゃない人間が叫んでも・・・(淋)。
f0196649_2305621.jpg
で、川を観察していると、気になる魚体。
流れる浮遊物に向かって、何度も水面に顔を出します。
遠目から見た魚体の大きさと色から、もしや「フッコ」なんて期待しましたが。
f0196649_231146.jpg
側で見て、そんな期待以上に嬉しいやつに出会えました。
「マルタウグイ」くんです。
銀ピカ魚体のようですが。
f0196649_2312343.jpg
ヒレはうっすらと婚姻色。

先日は、もう少し濃く婚姻色の残る魚体を観察できたので、観察し続けてみました。
結果、3匹ほどの「マルタウグイ」くんに出会えましたが、婚姻色はかなり薄くなってますね。
昨年は、真夏に15センチほどの大きさながら、バッチリ婚姻色の弱った「マルタウグイ」くんを見かけたのが、「マルタウグイ」との最後の出会いになりました。
今年は、いつまで見られるかな。
[PR]

by tamagawalk | 2009-06-07 22:58 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「坊主でも・・・」 多摩川日記 「風邪でも・・・」 >>