東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「忘れたころに・・・、マルタウグイ」
「アユの遊漁解禁」で、早朝から賑わう多摩川。
f0196649_1031135.jpg
日頃お親子で世話になっている多摩川遊び名人、早くからアユ釣りを楽しまれてたようで、出会った時にはもう竿仕舞いの様子。
日が強いのでは釣果はイマイチだったようです。
まあ、名人のイマイチは人並み以上なんですけどね。

「釣れたアユを取り込もうとしらた、突然ナマズが飛び出してきて、持っていかれちまったよ」と名人。
そんな話を聞いてしまったらジッとしていられる訳もなく、川底を覗いてみると・・・、
f0196649_1402351.jpg
いました「ナマズ」くん。
のんびりとお休みの様子。
コイが側を通っても全く動じません。

その後、「ナマズ」を探して続けていると、気になる魚体。
f0196649_1032518.jpg
うっすらとオレンジ色がかった横っ腹とヒレ。
もしや!!
f0196649_10323148.jpg
急いで偏向グラスをカメラのレンズに当てて撮影したのでうまく写りませんが、「マルタウグイ」くんです。

久しぶりに見る魚体。
まだ、婚姻色が残っているんですね。
それよりも、まだ海に戻らず川に残っていたんですね。

最近、「アユ」や「ナマズ」「スズキ」が気になってしまっていたので、すっかり忘れていました。
前回見たのが、5月18日(月)。
気にしながら川観察していれば、また出会えそうです。

しかし、春の始まりを教えてくれるかのように、産卵で川を賑わしてくれていた「マルタウグイ」の群れ。
一匹で泳いでいる姿は、ちょっと淋しそうにも見えます。

今年は、「マルタウグイ」くんにたくさん楽しませてもらいました。
そろそろ、「マルタウグイ」くんとの思いをまとめて投稿したいと思います。
[PR]

by tamagawalk | 2009-06-02 10:29 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「風邪でも・・・」 多摩川日記 「2009年、アユ... >>