東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川親子探検記 「長雨のあとの救助劇」
長雨続く週末の朝、「アユ」解禁前にルアーを一投げしよと思い、小雨降る多摩川へ。
f0196649_2342811.jpg
水中に沈む板チョコの数と
f0196649_2344021.jpg
水位計から、今年一番の増水だったことがわかります。
水は意外と澄んでます。
解禁するとアユ釣り師たちがどっと押し寄せるため、ルアーで遊ぶ場所選びが難しくなるので、今のうちにポイント散策をしておきたいところだったのですが・・・。
f0196649_2312206.jpg
ポイント散策の途中、多摩川遊び名人のおじいちゃんに出会い、「コイ」の産卵情報を教えていただいたので産卵ポイントへ寄ってみることに。
バシャバシャやってます。
おじいちゃん曰く、産卵行動の事を「はたく」「たたく」と呼ぶようです。
f0196649_2351037.jpg
こちらは増水前の川。
f0196649_235234.jpg
増水した川。
消波ブロックが見えなくなるほどの増水。
前回の増水5月9日(土)・10日(日)もこの場所で産卵行動を観察しました。
あの時は、たくさんの「ナマズ」にも出会いましたが・
・・、今回もたくさんいるようです。
「ナマズ」も産卵でしょうか。

しかし、これだけ増水していると、川辺に取り残されたお魚くんが気になりますね。
f0196649_2354950.jpg
で、探してみると・・・、やっぱりいました。
お腹がパンパンな「フナ」「コイ」がたくさん。
f0196649_2363526.jpg
コチラは本流にしかけた水中カメラ。
「コイ」に混じって「タモロコ」と思われる群れも確認できます。
f0196649_2364827.jpg
結局、ルアーは一投もせず、チビ隊員を呼んでの救出作戦。
f0196649_2365726.jpg
お馴染みの道具「四つ手」を使って作戦を決行。
りっぱな「ヘラブナ」、りっぱなお腹。
f0196649_237898.jpg
捕まえる時に、お腹を圧迫してしまったようで、こう門から卵がでてきてしまいました。
はやく本流に帰さなくては。
f0196649_2372013.jpg
コチラは、川辺に取り残された一番の大物「コイ」。
「四つ手」にぎりぎり入る大きさ。
この「コイ」もお腹がパンパンです。
f0196649_2373230.jpg
思ったよりも、池が深くお魚くん救出一苦労。
何時間か頑張って、45リットルのゴミ袋5つがいっぱいになるほどのお魚くんを捕まえました。
f0196649_2381620.jpg
池の底に沈んでいる草や葉っぱには卵がびっしりと産み付けられています。
f0196649_2382776.jpg
さて、本流に帰す作業。
この作業、昨年から何回おこなったでしょうか。チビ隊員たちの手つきも慣れたものです。
f0196649_238359.jpg
今日、一番の大物も本流へ。
f0196649_2384232.jpg
記念の水中撮影。
f0196649_2385115.jpg
夕方、救出道具を片付ける合間にキャスト練習するチビ隊員。
新しくした、PEラインとフロロショックリーダーシステム。
初めは糸ふけやライントラブルに悩まされていたようですが、気づくとフェザリングぽい小技も身につけて、上手くキャストできるようになってます。
我が子ながらあっぱれです。

と、感心しているとアタリが、のせることはできませんでしたが、チビ隊員をより釣りへ集中させるきっかけになったようで、その後も投げ続けてました。
気づくと、竿の取り合いで兄弟喧嘩。
そろそろ、マイ竿とマイリールを用意して上げなくては。
f0196649_23102895.jpg
川遊びを楽しんでいると、多摩川遊び名人のおじいちゃんが解禁前の「アユ」試し釣りをするというので、見学させていただきました。
f0196649_23104436.jpg
掛かった「アユ」。
大きさは12、13センチ位。
小型ながらやはり「アユ」。
「香魚」と言われるだけあってスイカのようなキュウリのような爽やかな匂いがします。
チビ隊員たち、一年ぶりにかぐこの匂いに大喜び。
解禁が楽しみです。
f0196649_23105457.jpg
さて、こちらは、本流で見つけた小さな「ナマズ」くん。
背中の傷が痛々しい。
増水の強い流れで怪我をしてしまったのでしょうか。
今にも命尽きそうな感じでしたが、最後の力を振り絞るように一生懸命泳ごうとしていました。

川にとっては、恵みの雨ですが、生き物にとっては恵みだけではないようですね。
今回の救出活動では、取り残されたお魚くんがあまりにも多すぎて、全体の半分位しか救出できませんでした。
6月第一日曜日に「せたがや水辺の楽校」が開催されます。
ガサガサ遊びに参加された方が救出してくれるといいのですが・・・。
(「せたがや水辺の楽校」リーダーの方にお伝えしてあるので、救出大作戦をおこなっていただけるかもしれません。)

取り残された全てのお魚くんが救出されることを祈ります。
[PR]

by tamagawalk | 2009-05-30 22:55 | 多摩川親子探険記
<< 多摩川日記 「2009年、アユ... 多摩川日記 「大潮と多摩川観察」 >>