東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
せたがや水辺の楽校 「春の多摩川と初ガサガサ」
毎月、1週目の日曜日に開催される「せたがや水辺の楽校」。
今回は、本年度初の「ガサガサ」です。
秋まで続く水辺の楽校川遊び、天気に恵まれていいスタートとなりました。
f0196649_2343936.jpg
スタッフの方のお話のあと、「ガサガサ」スタート!!
みなさん、気になる場所を見つけては「ガサガサ」。

「お!」とか「いた!」という声が、あちこちから聞こえてきます。
管理人もそうですが、大人も童心に返り子ども以上に楽しまれているようです。
ガサガサ後の採った生き物観察と説明でどんな生き物に出会えるか楽しみ。
f0196649_2342974.jpg
川での楽しみ方は「ガサガサ」だけではありません。
石に付いている生き物観察も、初めて見る生き物との出会いが期待できます。
f0196649_235774.jpg
石に付くプツプツ解りますか。
f0196649_23103834.jpg
何かの卵のように見えますが。
f0196649_23111199.jpg
もっと近くで観察。
目のような黒い点々を見ることができます。
何でしょう。
f0196649_23122023.jpg
プツプツ、ハゼ科「ヌマチチブ」の卵でした。
今、このあたりでガサガサをすると一番採れるお魚くんです。
「ヌマチチブ」、ハゼ科の中でも産卵が早いようです。
春から夏にかけて石の裏に卵を産み付けるのだとか。
今年見た、コイ科の卵とは違い、とてもとても小さな卵。
メダカの卵より小さいのではないでしょうか。
f0196649_23122774.jpg
さて、ガサガサ後の観察会。
参加された皆さん、「せたがや水辺の楽校」の中西さんの説明を興味深く聞いているようです。
採れた生き物は、
魚類・甲殻類
「ヌマチチブ」、「ウキゴリ」、「稚アユ」、「シマドジョウ」、「モクズガニ」
水生昆虫
「カワゲラ」、「ヒゲナガカワトビケラ」、「シロタニガワカゲロウ」、「ヒラタドロムシ」、「サホコカゲロウ」
ヤゴ「ハグロトンボ」、「ダビドサナエ」、「コヤマトンボ」
などなど。(写真はいつか生き物の説明を付けて投稿しますね)

今回採れた生き物の中には、東京都で絶滅のおそれのある野生生物をまとめた「レッドリスト」に入っているものや、もっと上流に生息しているものもいます。
増水で上流から運ばれてきたかもしれませんが、とても貴重な出会いとなりました。

今回の「ガサガサ」では採れませんでしたが、前日、チビ隊員と採った生き物を紹介します。
f0196649_23132414.jpg
「テナガエビ」
f0196649_23133662.jpg
「ヘラブナ」
f0196649_23134850.jpg
写真左:「テントウムシ」の幼虫、右:サナギ
f0196649_23135758.jpg
草花で工作。

いい天気が続いた連休前半。
春の多摩川を満喫できた気持ちのいい日々となりました。
連休後半も楽しみ・・・。天気次第ですが。
[PR]

by tamagawalk | 2009-05-04 01:51 | せたがや水辺の楽校
<< せたがや水辺の楽校 「こどもの... 多摩川日記 「ジャンプ一番・・... >>