東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川親子探険記 「お魚救出大作戦-エピソード1!!—午後編」
前回、投稿の 「お魚救出大作戦-エピソード1!!—午前編」。
救出できたお魚くんは、・・・「コイ」1匹と「稚アユ」数匹。
川辺の池には、まだまだたくさん・・・。
途方に暮れる、チビ隊員たち・・・。

昼食もそこそこに池へ。
そして、チビ隊員が考えた午後の救出方法は・・・、
f0196649_1644539.jpg
「四つ手」捕獲作戦!!
チビ隊員が持つヒモの先にある竹で組んだ四角い網、「四つ手」。
これに、お魚くんを追い込んで救出しようというわけです。
水槽代わりのゴミ袋も3つ用意。一袋に6匹入れると・・・。

この「四つ手」、隊長が幼少時代に買ってもらったもの。
よく近所の池で魚をとって遊んだ思い出の道具。
親子2代で使うとは・・・、うれしいものです。
f0196649_16451192.jpg
午後は、チビ隊員たちと同じように取り残されたお魚くん捜索に来ていた方との共同作業。
昨年もこうやって色々な方と出会ったものです。
多摩川をとおした、いい出会い。多摩川にそしてお魚くんに感謝。
f0196649_1645287.jpg
しかし、取り残されたお魚くんの多いこと、そして大きいこと!
途中、「四つ手」が壊れてしまうほどです。
悪戦苦闘しながらもなんとか救出。
水槽代わりのゴミ袋の中はいっぱい。
f0196649_16454792.jpg
お魚くんきゅうくつそう。
f0196649_1646172.jpg
チビ隊員たちの作った生けすで観察しながら川へ。
チビ隊員も一緒に救出活動をして下さった方もうれしそう。
f0196649_16463017.jpg
立派な「ヘラブナ」。
取り残されていたお魚くん、どれも綺麗な魚体でした。
f0196649_16464010.jpg
一匹づつ丁寧に川に戻すチビ隊員たち。
f0196649_16465174.jpg
最後の1匹が胸びれを振っているのを見て、お魚くんと握手をするチビ隊員。
お魚くんとチビ隊員たちにしか分からない何かがあるんですかね・・・。
f0196649_16465953.jpg
救出を終え、何を思うかチビ隊員。
f0196649_1647335.jpg
帰り際、草むらに取り残された「稚アユ」が・・・。
f0196649_164848100.jpg
気がつけば、夕暮れ。
お疲れ様、チビ隊員。
今年もどんな出会いがあるのかな・・・。
[PR]

by tamagawalk | 2009-04-30 18:42 | 多摩川親子探険記
<< 多摩川日記 「ジャンプ一番・・... 多摩川親子探険記 「お魚救出大... >>