東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「いつものマルタと・・・」
昨年の10月よりブログを始め約半年、何度か投稿した東名高速の先に見る富士山の写真。
f0196649_1532871.jpg
前日の強風が嘘のような穏やかな天気。
澄んだ空気が肌寒く感じるも、久しぶりに見る多摩川からの絶景。南アルプスもよく見えます。
暖かくなるにつれ、見えることが少なくなるのでちょっと淋しい気がしますが・・・。

で、本日も春の日課「マルタウグイ」観察。
何度足を運んでも、毎回違った出会に飽きることはありません。むしろ、興味は深まる一方。
家族や友人は呆れてますが・・・。
f0196649_15514149.jpg
散歩そうそうに発見。
しかし、いつも見る魚同士がかたまって泳ぐ群れとは違います。見るからに数も以前に比べると少ない。
近づいて観察してみました。
f0196649_15325151.jpg
いつもは、川底にいて物音や人気を感じるとさっと岸際から離れていってしまうのですが・・・。
こういうのを魚が浮いているというのでしょうか、表層でゆらゆら・・・。
力が無く生命感があまり感じられません。
婚姻色も薄いような気がします。
産卵後なのでしょうか。
中には、見るからに弱ってるものも。
f0196649_1533240.jpg
コチラは、群れにまじっていた「ニゴイ」。
何匹か、確認することができました。
f0196649_15322421.jpg
近くの、瀬では相変わらずバシャバシャやっている「マルタウグイ」。
連休も観察に来る家族連れを楽しませてくれるといいのですが。

しかし、青い空の下、春の花咲く草原に腰を下ろし眺める「マルタウグイ」と富士山。
爽やかな天気に癒されます。
前日の疲れも忘れてしまいますね。
こんな天気が連休中も続けばいいのですが。

前日は、散歩に向かった川辺で増水によってできた池を発見。
そこで出会った20匹ちかい「コイ」や「フナ」。
見過ごせず、格闘すること丸1日、なんとか本流に返してあげることができたのですが・・・。
その模様は後日、投稿します。
[PR]

by tamagawalk | 2009-04-27 17:32 | 多摩川日記
<< 多摩川親子探険記 「お魚救出大... 多摩川日記 「マルタウグイとコ... >>