東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「マルタウグイ探し—その2」
二ヶ領宿河原堰で「マルタウグイ」の産卵に出会った翌日。
その感動が忘れられず、出勤前に前日とは別の場所へ「マルタウグイ」を探しに行ってみました。
週末は天気が悪い予報。産卵を見る事ができるといいのですが・・・。
f0196649_0341647.jpg
ここは子どもたちお気に入りのガサガサポイント。
子どもも一緒に観察にくる予定だったのですが、風邪で高熱がでてしまったため、一人旅ならぬ一人マルタウグイ探し。
最近、子どもと時間が合わず、多摩川に一緒に来る機会が減ったことを寂しく感じる子育て親父であります。
f0196649_0342863.jpg
さて、前日同様、産卵しやすそうな瀬を探します。
よく遊んでいる場所なので、川の地形もなんとなく把握しているつもりだったのですが・・・。
「マルタウグイ」が見あたりません。
一昨年は、同じ場所で産卵を見る事ができたのですが・・・残念。
その後も川辺で、マルタを求めウロウロしていると、多摩川遊びの達人に出会いました。
多摩川の歴史や釣りに生き物のこと、多摩川のあれこれを教えてくださる、多摩川歴うん十年、多摩川遊びの大先輩。
子どもが釣りを教わったり、「せたがや水辺の楽校」で投網の実演をおこなっていただいたりとお世話になっています。4月の「せたがや水辺の楽校」、開校記念日のイベントでは投網の実演を披露して下さるようです。
で、早速「マルタウグイ」の話をしてみると・・・
f0196649_0345689.jpg
観察ポイントを教えて下さいました。
その場所は、意外にも消波ブロックの間。
前日とは全く違った雰囲気です。まさかと思いましたが・・・「マルタウグイ」いました!
産卵行動とは違い、のんびりゆらゆらと泳ぐ姿。
さすが達人、さすが大先輩。
黒とオレンジの婚姻色、お腹の白い色、「マルタウグイ」とすぐ解ります。
見ているとあちこちに魚影を確認できます。
f0196649_0352934.jpg
達人曰く、この時期は夜に産卵をおこなうことが多く、昼は意外とのんびり泳いで体力を温存したり、産卵場を探しているとか。
f0196649_036217.jpg
この場所なら護岸に腰を下ろして、のんびり観察できそうです。
産卵観察の醍醐味は味わえませんが、子どもでも安全に観察できそう。
しかし、警戒心が強いのか、人影や気配に気付くとすぐに別の場所へ移動してしまいます。
f0196649_0365725.jpg
気を付けて静かに近づけば、足下で観察することも。
観察しながら達人が教えてくれました。
「マルタウグイ」の自然の産卵場所をこの地域の漁師用語で「じぼく」と言うそうです。
昔は、瀬の始まる場所「瀬頭(せがしら)」にクイを打ち並べ、そこにほうきの先のような細い竹や木などを引っかけて、瀬の流れを安定させ、産卵場所の環境作りをしたとか。
今年このあたりにの瀬に「マルタウグイ」がつかないのは、昨年から東名高速付近で続く河川護岸工事で、瀬に泥や砂が貯まり、川底の環境がよくないのが原因のよう。
いい産卵場所は、小さいな綺麗な石が多く、川底の柔らかい瀬。
来週には、気温があがるので、産卵も徐々に本格的になっていくようです。
多摩川春の風物詩の一つ「マルタウグイの産卵」、はやく子どもと一緒に観察したい。
[PR]

by tamagawalk | 2009-03-14 01:53 | 多摩川日記
<< 多摩川親子探険記 「多摩川のイケ魚」 多摩川日記 「マルタウグイ探し」 >>