東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
多摩川日記 「ルーリン彗星観察・・・」
昨年の「ふたご座流星群」観察に次ぐ「第2回-多摩川天体観察」。
今回観察するのは「ルーリン彗星(C/2007 N3)」。
「ふたご座流星群」観察では、流星を見ることができたので期待がふくらみます。
f0196649_2323362.jpg
今回も我が子に借りた方位磁石に「世田谷区星座早見表」。
これがあると天体観察もさらに天体観察らしくなるんでね〜。子どもよありがとう。
f0196649_2328133.jpg
観測は「しし座」の一等星「レグルス」付近。
彗星の位置は左の赤●から3月1日。3月5日。3月10日。
この彗星がもっともよく見られる時期は2月25日の「新月」前後。
実は2月23日に観測する予定でいたのですが、この日は仕事の疲れと眠気に負けて・・・。
そんなこともあり、2月25日「新月」を心待ちにしていたのですが、翌日24日から空模様に恵まれず観察できない日々。
何事もここぞと決めた時に行動しないとダメだなと、つくづく実感させられます。
で、この日は仕事帰りに久しぶりの星空を見ることができたので多摩川へ出向いてみました。
さて、三脚を立て、カメラを準備・・・、あとは星空を・・・!
f0196649_23281679.jpg
いつの間にか空模様が・・・。
曇り空です。
多摩川上流方向、西の空には月がぼんやりと。
f0196649_23282676.jpg
下流方向の空は、星明かりではなく二子玉川開発工事と街の明かり。
結局、見る事ができたのは、雲の切れ間からたまに見える「オリオン座」と「冬の大三角」。
彗星観察は断念することに・・・。
この「ルーリン彗星(C/2007 N3)」が見れるのは3月上旬位まで。
それ以降は肉眼では見づらくなるようです。
2007年7月に台湾のルーリン(鹿林)天文台の観測で発見された彗星なので、ルーリンって名前なんだとか。
最近発見されたんですね。
彗星って、ガスとチリの凍ったかたまりで、それが太陽に近づくと、ガスやチリが蒸発して尾を引くように見えるようです。
さらに調べてみると「ルーリン彗星(C/2007 N3)」の(C/2007 N3)の符号は、発見が報告された年、月、発見報告順を元にして付けられるようです。
最初の「C/」は「Comet」の意味。
「2007」は発見が報告された年。
「N」は発見が報告された時期を表し、1月前半(15日まで)が「A」、1月後半(16日から)が「B」、というように、1年を24に分けて表しるようです。
「3」はその時期の中での発見報告順を表すようです。
他にも、符号にはルールがあるので興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。天体観察に興味を持つきっかけになるかもしれませんよ。
f0196649_23285132.jpg
天体観測はうまくいきませんでしたが、せっかく多摩川へきたので川観察。
早速、テナガエビを発見。
そのほかにも仔魚を発見。なんの仔魚だか気になります。
今度、観察ケージに入れて観察してみたいと思います。
彗星観測はもう少しチャンスがありそうです。
機会があればもう一度挑戦したいものです。
[PR]

by tamagawalk | 2009-03-02 23:10 | 多摩川日記
<< 多摩川日記 「マルタウグイ探し」 せたがや水辺の楽校 「多摩川お... >>