東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
せたがや水辺の楽校 「多摩川お掃除大作戦」
3月の「せたがや水辺の楽校」は、多摩川漁業組合の方たちと一緒に河川清掃。
f0196649_0592465.jpg
f0196649_0594571.jpg
天気は曇り。
集合時間の午前10時位からポツポツと雨が・・・。
そんなこともあってか、この日の参加者は少なめ。
f0196649_113856.jpg
清掃終了後は「せたがや水辺の楽校原っぱ」ベンチの回りで漁業組合の方たちと暖をとりながらのお茶と昼食。
清掃の前に、そのための下準備、火おこし。
子どもも大人もたき火は大好き。
体が温まります。
f0196649_115249.jpg
さて、清掃の準備。
配られた、ゴミ袋には多摩川水系のイラストと川の名前が。
子どもも大人も多摩川の事をちょっと勉強。
f0196649_12599.jpg
スタッフの方を先頭に、いざ多摩川へ!
f0196649_122442.jpg
清掃場所は二子玉川上流、二子緑地「ブタ公園」付近の川辺。
二子玉川の開発工事と河川護岸工事がみえます。
この工事いつまで続くのでしょうか。
川崎側からは、支流広瀬川が。
f0196649_123456.jpg
清掃中、フライフィッシンの練習をしている方とお話。
この日は全国的に渓流解禁日、釣りやお魚の話題で話が盛り上がります。
こんな出会いがあるのも多摩川の楽しみの一つ。
f0196649_125166.jpg
川辺では花が咲き始めてます。
のどかですね〜。
川辺には思ったいたほど大きなゴミは落ちていませんでした。
f0196649_134336.jpg
が、川辺から少し離れた草原には・・・
ゴミがいっぱい。
あっという間に、ゴミ袋がいっぱいになっていきます。
f0196649_13535.jpg
子どもも大人もゴミ拾いに夢中。
まるで宝探しをしているように、みんなで楽しみながらゴミ拾い。
f0196649_141261.jpg
漁業組合の方たちは、東名高速から清掃を開始。子どもたちの清掃ポイントで合流。
漁業組合の方たちが集めたゴミとあわせると、ゴミの山が出来上がりました。
空き缶、傘、バイクの部品、消火器、ボーリングの玉まで。
集まったゴミは、国土交通省田園調布出張所の方が回収してくれるようです。
国土交通省田園調布出張所の方よろしくお願いします。
そして、子どもたちごくろうさま。
子どもたちには活動を通し、楽しみながら環境や物を大事にすることを学んだり感じとってくれたらと思います。
大人もまた・・・。
f0196649_153278.jpg
さて、清掃も一段落と思いきや、ゴミ拾いだけで終わらないのが子どもたち。
オナモミでひっつき虫遊びに拾ったゴミを利用してなにやら楽しんでる様子。
f0196649_154351.jpg

「せたがや水辺の楽校原っぱ」では暖をとりながらの昼食。
漁業組合のみなさんありがとうございました。
f0196649_155144.jpg
清掃班とは別にビオトープの補修もおこなわれいました。
粘土を素足でコネコネ。
これで池をコーティングして強度を増すようです。
でも、寒そう〜。
梅雨頃には、水もたまって水生昆虫や動物が集まるといいですね。
春から秋のガサガサも楽しみですが、ビオトープ池の観察も楽しめそうです。
[PR]

by tamagawalk | 2009-03-01 20:00 | せたがや水辺の楽校
<< 多摩川日記 「ルーリン彗星観察... 生き物日記 「多摩川にサケ・・・」 >>