東京と神奈川の県境、都心からほど近く自然多い多摩川を親子で巡り楽しむ探険日記。


「tamagawalk:多摩川〈tamagawa〉を歩き探険する〈walk〉。タマガウォーク」都内でも希少な自然残る多摩川。世田谷地域を中心に、ガサガサ・釣り、虫や草花観察、出会いに発見、自然から学ぶ多摩川親子探険進行中!
by tamagawalk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
お知らせとリンク
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生き物日記 「多摩川にサケ・・・」
我が子の通う学校の参観日、気になる生き物を目にしました。
f0196649_22512198.jpg
f0196649_22513424.jpg
「サケ」の仔稚魚(しちぎょ)。
我が子の話では卵から飼育したようです。
体のわりに大きな瞳がかわいらしいですね。
f0196649_22511085.jpg
環境教育なのでしょうか、2月14日に多摩川へ放流したようです。
f0196649_23533726.jpg
こちらは以前、携帯カメラで撮影した孵化したばかりのサケ。
お腹に卵黄を持っている状態の前期仔魚(しぎょ)。
卵黄を発育のための栄養とし吸収して成長していくようです。
無事に、海まで降海してくれればいいのですが・・・。
そういえば毎年、二子玉川で「多摩川サケの会」なる団体が放流活動をおこなっていたような。
昔は多摩川にサケっていたんでしょうかね?
過去に、東京湾や下流域で回帰してきたサケが発見されてたという情報はあるようですが。

多摩川でサケ科の魚というと上流の「ヤマメ」「イワナ」「ニジマス」ですかね。
f0196649_0224511.jpg
「ニジマス」はごくまれに上流のJR青梅線御嶽(みたけ)駅下車、「かみじばし」上にある多摩川を仕切った管理釣り場「奥多摩フィッシングセンター」から落ちてきた「落ちニジマス」が多摩川親子探検隊のメインフィールドである、中流域世田谷エリアでも釣れてます。下流でも釣れてるようですよ。
昨年は、釣れたのをいただいて食べたという方に出会いました。
体高も大きく立派な「ニジマス」で美味しかったとか・・・。
「サクラマス」の目撃情報もあるようです。
「サクラマス」は「ヤマメ」の降海型なので確かにいても不思議ではないような気もしますが・・・。

そういえば、3月は全国的に渓流解禁。
この時期を待っていた釣り師も多いのでは。
f0196649_037543.jpg
「ヤマメ」
f0196649_038465.jpg
「ニジマス(レインボートラウト)」
f0196649_0382364.jpg
「イワナ」
管理人も昨年は、東京から北上して数カ所の渓流・源流でルアーフィッシングやフライフィッシングを楽しみました。
特に、秋田と青森の県境の源流と、集落と田んぼの間を流れる里川での釣行では、豊かな自然と天然の魚の魚影の濃さに感動しました。
その時の、思い出を改めて投稿させていただきます。
これから多摩川も「マルタウグイ」の本格的な遡上・産卵に始まり、「コイ」「フナ」の産卵、「アユ」の遡上、そしてそれらを追って集まってくる「ナマズ」を初めとする魚たちの登場で川の中も賑わってきますな〜。
楽しみなシーズン到来です!!
[PR]

by tamagawalk | 2009-02-28 23:52 | 生き物日記
<< せたがや水辺の楽校 「多摩川お... 「遡上観察、堰巡り ーその3」 >>